人気ブログランキング | 話題のタグを見る

(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

orijin オリジン展

orijin オリジン展_a0031847_185139.jpg
"Wishing to Make Art Works Express
the wonder of Sense and Life"
"origin" is an original word which I created by combining "orient" with three Chinese characters pronounced ,"jin" having meanings of "human", "heart" and "god".
The word represents the theme of my work to search for the origin of oriental mentality.
The dreams of emergence in my childhood, I often dreamt of passing through the interior of a womb, they became the subject of my art when I witnessed
the birth of my three daughters.
The cosmology which I created is simply a projection chart of nesting boxes simulating my mother's womb. I am fascinated with expressing the infinite micro-macro repetition which penetrates the human being and the universe.

アートを通して
生きること、感じることの
不可思議さを伝えたい

ヤマザキミノリの創作を現代美術の系譜の中で位置づけするのは難しい。
それは正に、人々をインボルヴする空間装置。
五感全体からコミュニケートするその手法は、新たなアートの地平を目指す。

■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館

More Information...
# by ardest | 2004-07-07 18:52 | Installation

Solo exhibition \"orijin\"  オリジン展_a0031847_185042.jpg

The Search for Free Expression

In my school years, I majored in molding art crafts, and I was in the midst of tradition. Making traditional crafts though dozens of processes, made me wonder if these processes meant anything significant to our daily activities.

I couldn't help feeling there was something more real in the primary materials such as clay, straw, or charcoal, in the ancient wisdom of treating water and fire, in a structure of molding through the complicated and mysterious processes, and in the way of metal melting into the smooth and shining liquid.

I was more interested in a sort of animism, in other words, the way materials and space presented themselves to me.

■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館

 この1970年代後半、朝日新聞に「遊びの博物誌」(坂根巌夫著)というコラムが連載され、銀座松屋では「遊びの博物館」を企画し、デパート催事の入場者記録をつくるということがあった。それは、世の中に“コマーシャルなデザイン”か“ひとりよがりの芸術”かという2極の認識が一般的だったところに、中間領域的なアート表現を楽しむ土壌のあることを示していたように思われた。

 錯視や錯覚、からくりやコンピューターを使ったインタラクティブな参加性のある造形装置や空間設営に、今までのアートやデザインの枠組みで捕えきれなかった「よりコミュニケートできる表現領域」の可能性を感じ取らざるをえない時代になっていたようだ。
# by ardest | 2004-07-07 18:52 | Installation

オリジン展

オリジン展_a0031847_184914.jpg

There was a time when I was so overwhelmed with the magical power of the things themselves that I couldn't mold anything at all.

It was about then that I became involved in performance art and eventually moved into the modern arts, with the burning of wood by heated iron.

But it was not long after that I realized that the concept of expanding space could not be adequately expressed by the phenomena of burning.

In the late 1970s, the Asahi newspaper carried a serial column entitled "Asobi-no-Hakubutsushi (The Play Museum Journal)," written by lwao Sakane. Ginza Matsuzakaya Department Store created an area called "Asobi-no-Hakubutsukan (The Play Museum)," which attracted a record number of visitors.

It seemed to me that this represented a medium between the two accepted extremes of "commercial design", and "art for art's sake," containing the elements of play while welcoming various expressions of art.

We were impressed by this interactive open space for the public, which was created using various visual techniques, like optical tricks, illusions or computerized display technology. We couldn't help but feeling new possibilities for better designs and wider boundaries of expression.

オリジン展

●ミクロの箱からマクロな空間へ

 現在の私の創作活動は、大学1年の時に課題破りで創った「CUMOS(キューモス)」という小箱が原点になっている。
 一辺10�のアクリルの立方体の内面を鏡張りにし、わずかな光を落とし込む。逃げ場を失った光は反射を繰り返し、入れ子になったモチーフが規則的に無限に広がって見える、3次元の万華鏡といったところである。

 しかしながら、この覗き箱は一人でしか鑑賞できない、そこが面白くもあり、限界でもある。「小箱の中のマクロ宇宙」を外に取り出して、巨大な光の空間装置とし、その中に人々を包み込み、だれもがCUMOSの中の世界を見られるようにしたい、という発想が生まれたのはごく自然な事だった。CUMOSを通して私は「光」という原素材に出会い、その魅力にとりつかれたといえる。

 1988年、高野山東京別院落慶記念イベントで「マンダラパビリオン」を手がけたとき、密教の教義と両界曼陀羅の絵画をヒントに、胎臓界ドームと金剛界ピラミッドをデザインする機会をえた。母(仏)の慈愛にみちた胎臓界には、球面のフォルムとゆったりとした調光と、たゆたうような音場を設定。全体としてはゆっくり膨張と収縮を繰り返し、母胎内から宇宙の果てまでのイメージを一つの空間の中で体験してしまう装置として設計した。

金剛界には、その厳しい修行と悟りの世界を表わすために、グリッド化した床にモニターを埋め込み、4面張りのピラミッド天井に悟りの映像を無限反射させるといった手法を講じた。それはパビリオン内部を通過する人々に、一見難解な真言密教のコスモロジーを体感的に伝えてしまおうとするバーチャルなイメージの空間化、という試みに他ならなかった。

ここにきてCUMOSの入れ子の世界と仏教の輪廻感や梵我一如(小さな物にも宇宙が詰まっている)といった概念が通じ合っていることに驚かされたのは確かだ。
 
■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
# by ardest | 2004-07-07 18:50 | Installation

オリジン展

オリジン展_a0031847_184525.jpg

In the late 1970s, the Asahi newspaper carried a serial column entitled "Asobi-no-Hakubutsushi (The Play Museum Journal)," written by lwao Sakane. Ginza Matsuzakaya Department Store created an area called "Asobi-no-Hakubutsukan (The Play Museum)," which attracted a record number of visitors.

It seemed to me that this represented a medium between the two accepted extremes of "commercial design", and "art for art's sake," containing the elements of play while welcoming various expressions of art.

We were impressed by this interactive open space for the public, which was created using various visual techniques, like optical tricks, illusions or computerized display technology. We couldn't help but feeling new possibilities for better designs and wider boundaries of expression.

From Micra BOX to Micra Space

The start point of my current activities was in a tiny box "CUMOS" which I made while ignoring the required subjects during my freshman year in college. I placed mirrors on the inside panels of a cube box with 10cm sides and let in a small ray of light. The light could not escape from the box, repeating its reflection inside, creating an illusion of an infinite number of nesting boxes. It was a kind of three-dimensional kaleidoscope.

●感動伝達の空間装置

 私はわが家の三人娘の誕生にはラマーズ法ですべて立ち合ったが、それは人間がこの世にデビューする瞬間をぜひとも見てみたいと思ったからで、その時に強く感じた印象を空間表現したいと考えるようになった。

 1989年、仙台市市政100周年記念イベントの「受胎した光たち」や1992年にすみだリバーサイドギャラリーでのインスタレーション「光のいぶき」展では、生命存在の艶かしさや奇妙な強さ、それらがない交ぜになった不可思議さを表現するチャンスに恵まれた。


 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
# by ardest | 2004-07-05 14:06 | Installation
FANTACL GALAXY
まさにアートとデザインの融合は大学時代からのテーマです。
デザインの問題解決と理想の提示というスタンス。それにアートの問題提示、感覚の独自性があるからこそ提案となるわけで、その両者がうまくバランスしたとき、つまり問題解決しつつ、同時に面白さ、危うさ、不思議さなどのあたらな問題も含んだ形で作る、提案する、表現することができるとよいのです。
アートとデザインの融合は大学時代からのテーマ_a0031847_15535584.jpg

********** 以下はメディアアートへの方向性コメント **********

 近代工業社会は人・物・金の連鎖の上に社会を構築してきた。20世紀後半からはそれらに「情報」が重要なファクターとして加わった。今日のデジタルメディア技術の飛躍的な発達は、情報を究極のコードであるビットという粒だちに細分する。それらに様々な変換をかけ、まとまりのあるコンテンツへと還元し出力する多様なプロセスの開拓により、かつてないほど情報の入力と出力の膨大な組み合わせがもたらされた。さらにインターネットなどの地球的情報ネットワーク環境を使った情報収集、交換、発信により、今までにないテーマの設定や制作過程の工夫が求められるようになった。個人や組織のコミュニケーションのあり方が、大幅なパラダイムシフトを要求されている。こういった現代の情報メディアを取り巻く環境をできるだけ柔軟に理解し応用する姿勢を持ちながら、新たなメディアアートの創出研究に取り組んでいきたいものだ。

-----------------------------------------------------------------------------
 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI

●メディア授業用サイトFantacl.com/ MEDIA ART"Flash tutorial,Student works, etc."
 e-mail= minori.yamazaki※gmail.com (※の部分を@に変えて下さい)
# by ardest | 2004-07-03 20:37 | about MinoriYamazaki