(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

タグ:illumination ( 20 ) タグの人気記事

グッドデザインエクスポ2010に参加します。
一次審査を通過し公開二次審査に出品します。
小諸ウインターイルミネーション。

応募カテゴリー: パブリックコミュニケーション
応募対象名:ウィンターイルミネーション 小諸ひかりのファンタジー「浅間のこころ」
企業名:小諸ひかりのファンタジー実行委員会 (長野県)

概 要地元産の竹を構造に組み立てた高さ12mと10mの二つのタワーを中心に地元産のモミの木の鉢植えを小諸駅前広場に配置し、多くの市民の手により7万球のLED電球イルミネーションを飾りました。このイルミネーションをバックに11月の点灯式や12月のクリスマスコンサートを行い、市内の小中高校のみなさんが合唱や楽器演奏で参加。また、11月から翌年2月までのイルミネーションを点灯する電力は、市内の小中学校に設置された太陽光発電によるグリーン電力を購入しました。信州の高原・小諸駅に冬空を彩る小諸らしいロハスなイルミネーションが小諸駅前の立ち寄りスポットとして、多くの市民に親しまれました。

[プロデューサー名]小諸ひかりのファンタジー実行委員会 委員長 大西優子
[ディレクター名]女子美術大学 教授 ヤマザキミノリ
[デザイナー名] 女子美術大学 教授 ヤマザキミノリ + 小諸ひかりのファンタジー実行委員会運営委員長 デザイナー 佐藤重

[デザイナーの思い]
 小諸駅前広場を飾るウインターイルミネーションは、商店街おかみさん会等が中心になり多くの市民寄付金と労働参加によって成り立っている。組み上げ飾り付けも完全手作りである。デザイナーとしては、地元産の素材や市民の手作り作業などでコストを極限まで下げつつ、構造を簡潔強固に安全確保し、作業負担を軽くすることに腐心した。片方で街の冬のシンボルとして誇りを持てるオブジェとして成立させるのは無論のことである。
Email to Minori Yamazaki

Twitter MinorinY

a0031847_172336.jpg

by ardest | 2010-08-19 23:15 | Installation
昨年暮れにデザインした小諸駅前イルミネーションは、構造に特色があります。地元産の長さ12メートルの竹材6本を組み合わせた骨組みにイルミネーションを付けています。
※2006年11月8日 設置時の写真と記事へ

かねてから懸案のネーミングは、"Fhurin Kazan"となりました。イルミネーションにふさわしく「風林火山」と漢字ではなく、横文字で、白が風、青が林、赤が火、全体で山をあらわしています。昨年11月5日に施工したのですが後一週間で解体というスケジュールなので、11日に記録の意味で状態の写真を撮りに行ってきました。2月18日まで点灯しています。
a0031847_23315395.jpg

駅前と商店街のイルミネーション設置をまとめていらっしゃる小諸おかみさんの会会長Oさんは、「Kazanから活火山浅間山を想像し、風林火山のはたを翻して戦った武田信玄のタケが6本の竹を組んで造ったオブジェのタケに掛けてあること、そして戦国時代の武将たちがどんな苦境においても夢に向かって進んで行った様に、小諸の皆さんも夢を持って前向きに頑張ってください、、、という先生からのメッセージが込められているように思います。」と語ってくれました。 
a0031847_10465856.jpg

a0031847_23372038.jpg

a0031847_9593736.jpg

※2006年11月8日 設置時の写真と記事へ
↓は立体視用画像です。左右平行に見る平行法で裸眼立体視してみてください。
a0031847_0134936.jpg

by ardest | 2007-02-13 23:36 | 小諸illumination
伊勢崎のRio Sport Club ウインターイルミネーションのリニュウアル。12月21日。
昨年来のブルーとホワイトLEDの一部を変えレッドとシルバー&ゴールドに変更。
a0031847_22295780.jpg

a0031847_22304565.jpg

a0031847_2240281.jpg

※昨年のデザイン。今年の12月20日までの様子
by ardest | 2006-12-24 22:32 | Rio SportClub illumi
a0031847_2317816.jpg◎上二枚は相模原校地1号館前に設置したイルミネーションです。12月9日の寒風と雨の中、8時間かかって設置しました。2月いっぱい点灯予定です。

一番上の写真は、寒さでカメラのレンズが曇ったのを利用してソフトフォーカスで撮影したものです。

11月に設置点灯した小諸のイルミネーションとほぼ同じ構成の小型版ですが、竹ではなく足場に使う単管パイプを組み合わせ、高さ8メートルの三角錐状の櫓を組んでいます。(小諸駅前の事例は、竹6本組で高さ12メートル)

More つづきをよむ・・・
by ardest | 2006-12-09 23:23 | Joshibi illumination
小諸ひかりのファンタジー実行委員会の要請で、長野県小諸市駅前広場に竹組で高さ12mのLEDイルミネーションをデザインしました。タイトルは"Fhurin Kazan"です。
11月5日の日曜日朝9時から夜8時までかかって、地元街おこしボランティアの皆さん約20人で組み立てました。クリスマスや年末年始を挟み、来年のバレンタインデーまで点灯する予定です。骨組みは、なんと地元で取れた12mの真竹です。駅前おみやげ屋さんの寿徳庵さんが提供してくれました。それを6本組み合わせて丈夫なトラス構造にしています。
a0031847_1345761.jpg

おそらく高さ10メートル以上の竹製イルミネーションは、とてもめずらしいのではないでしょうか。そもそも輸入概念のクリスマスやイルミネーションと東南アジアネイティブの竹の組み合わせが思いつきません。小諸では、実行委員会の皆さんが昨年来、割竹を使って構造を作っていたのです。そのことと、この夏、越後妻有トリエンナーレで見た竹のブランコの作品が私の頭の中でブレンドされて、今回の構造になりました。
a0031847_137615.jpg
実際、他のこれまでのイルミネーションは金属構造を採用しています。アルミのイベントトラスや鉄パイプの溶接にワイヤーを組み合わせたりして、製作コストがかかります。竹構造は、廉価な上に丈夫で組み立てが簡単なので、これからそれなりに普及するのではないかと思います。経済的にも制作面でも非常にリーズナブルです。

一番下の写真は、20分の1のデザイン模型です。
a0031847_1372337.jpg

a0031847_23473691.jpg
◎小諸イルミネーション2  2007年2月11日の記事へつづく

小諸光のファンタジー2006 実行委員会ブログへ

私の日記ブログのイルミネーション記事へ
 
 

 
by ardest | 2006-11-08 01:35 | 小諸illumination
作家のメインサイトFANTACL.COMへ作品ダイジェストのスライドショウがFlashで紹介されるカテゴリーを追加しました。  Minori's Artwork Digest
a0031847_10564571.jpg

また、インターネット美術館のコンテンツも追加更新しました。
a0031847_105847100.jpg


 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
by ardest | 2006-03-24 10:59 | Website, ICT, Blog
[イルミネーションデザイン Work File -009 ]

 群馬県太田市に建つ、こじんまりして、すてきなイタリアンレストランオリーバが人気です。昨年来、ウインターイルミネーションとして設置しましたが、冬季に限らず通年かがやいていました。
今年は、そのイルミネーションをさらにグレードアップしました。
正面を中心に、ハート形のリースを赤色LEDとモールで制作し、大胆に付け加えてみました。植栽へのイルミネーション施工も倍増しています。
a0031847_1282679.jpg

12月はクリスマスの特別メニューが設定されています。このピンクのハートリースは、それぞれ100球の赤色LEDと銀色のモールを組み合わせてオリジナルとして作りました。
店内から直接見えるように、ブラインドもカーテンも開けて運転しています。
a0031847_1285166.jpg

日本では、イルミネーションというとクリスマスイルミネーションと限定されてしまう感じですが、冬の寒空と夜の長さは3月いっぱいまで続きます。
イルミネーションが似合う環境としては、11月から2月いっぱいの4ヶ月が最適です。クリスマス用のサンタやベル、トナカイなどのアイテムを片づければそのまま、新年からバレンタインが終了しホワイトデーころまで、イルミネーションを楽しめます。

■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
a0031847_12988.jpg

a0031847_1335830.jpg

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
by ardest | 2005-12-18 01:32 | Oliva illumination
[イルミネーションデザイン Work File -010 ]

女子美術大学杉並校舎にもイルミネーションを設置しました。
杉並区和田の校地は閑静な住宅街の中にあります。大学側2カ所と付属中高の入り口1カ所の合計3カ所にレイアウトしました。
a0031847_13442287.jpg

a0031847_13444381.jpg

一つは、大学正面学生ロビー前のガラス壁面に白色LED70メートル700球を使って、レースのドレープ状にレイアウトしたもので、ガラスを背負った白色ドレープが女子大のイメージにぴったりなのではないかと自画自賛しています。これにスノーモチーフを取りつけられればグレードアップするのですが、、、、。

それからもう一カ所は、葉の落ちたイチョウを手がかりに6メートルのツリーイメージをつくった部分です。こちらは、夜間最もくらい部分ですが、2号館の廊下や教室からよく見える位置で、短大からも西正面となり、光が入るととても目立つ効果的な配置です。頂上部分にやはり何かモチーフライトが欲しいですね。

西側住宅街方面から見て頂くのがレースドレープとツリー型が重なって最も美しい光景となります。
a0031847_1346369.jpg
左の写真は、附属中学高校の入り口脇ガラス壁面に設置したツリーイメージのイルミネーションです。高さ早く3メートル強で、白色LEDが300球付いているフォールライトという製品を素直に使っています。頂上に青と白のLEDが200球付いている星形のモチーフを置いています。

さらに白熱ランプのイルミネーションで、まわりにドレープを作ってあげたいですが、今回は予算の関係で我慢です。来年は、もっと事前にデザイン設計をして、グレードアップを図りたいと思います。

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
 
by ardest | 2005-12-17 14:01 | Joshibi illumination
[イルミネーションデザイン Work File -008 ]
11月中に完成しました。群馬県は伊勢崎の西部ベイシアモールの中央に建つリオ・スポーツジムです。ガルバリウム鋼板張りのクールなかっこよさを主張する建物です。一階にはタリーズコーヒー店が開店したばかり。こちらのウインターイルミネーションには、青と白が交互に配列されているLEDのストレートイルミネーションランプを多用して、上に広がる躍動感の様なイメージを表現しました。全体で15000球のLEDと麦球を使用しています。
■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
a0031847_1154524.jpg

このあたりは強い北風の吹く場所です。約8メートルのストレートライトイルミネーションランプがあおられても平気なように、1.5ミリのステンレスワイヤーを下地に張って、そこにイルミネーションランプを施工しています。
施工には5日間を要しました。
a0031847_1162637.jpg

a0031847_1164838.jpg

a0031847_2342147.jpg

   
■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
by ardest | 2005-12-08 01:20 | Rio SportClub illumi
[イルミネーションデザイン Work File - 007]

 施工のディティール画像です。下の投稿2題も全ての画像は、パナソニックの新型デジカメDMC-LX1の16対9というハイビジョン比率で800万画素をフルに使って撮影しています。
a0031847_22391152.jpg

a0031847_22392985.jpg

a0031847_22395046.jpg

a0031847_22401579.jpg

■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
by ardest | 2005-11-20 22:40 | Docomo Shop Illumi