(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

タグ:exhibition ( 20 ) タグの人気記事

グッドデザインエクスポ2010に参加します。
一次審査を通過し公開二次審査に出品します。
小諸ウインターイルミネーション。

応募カテゴリー: パブリックコミュニケーション
応募対象名:ウィンターイルミネーション 小諸ひかりのファンタジー「浅間のこころ」
企業名:小諸ひかりのファンタジー実行委員会 (長野県)

概 要地元産の竹を構造に組み立てた高さ12mと10mの二つのタワーを中心に地元産のモミの木の鉢植えを小諸駅前広場に配置し、多くの市民の手により7万球のLED電球イルミネーションを飾りました。このイルミネーションをバックに11月の点灯式や12月のクリスマスコンサートを行い、市内の小中高校のみなさんが合唱や楽器演奏で参加。また、11月から翌年2月までのイルミネーションを点灯する電力は、市内の小中学校に設置された太陽光発電によるグリーン電力を購入しました。信州の高原・小諸駅に冬空を彩る小諸らしいロハスなイルミネーションが小諸駅前の立ち寄りスポットとして、多くの市民に親しまれました。

[プロデューサー名]小諸ひかりのファンタジー実行委員会 委員長 大西優子
[ディレクター名]女子美術大学 教授 ヤマザキミノリ
[デザイナー名] 女子美術大学 教授 ヤマザキミノリ + 小諸ひかりのファンタジー実行委員会運営委員長 デザイナー 佐藤重

[デザイナーの思い]
 小諸駅前広場を飾るウインターイルミネーションは、商店街おかみさん会等が中心になり多くの市民寄付金と労働参加によって成り立っている。組み上げ飾り付けも完全手作りである。デザイナーとしては、地元産の素材や市民の手作り作業などでコストを極限まで下げつつ、構造を簡潔強固に安全確保し、作業負担を軽くすることに腐心した。片方で街の冬のシンボルとして誇りを持てるオブジェとして成立させるのは無論のことである。
Email to Minori Yamazaki

Twitter MinorinY

a0031847_172336.jpg

by ardest | 2010-08-19 23:15 | Installation
高崎市美術館  「魅惑の万華鏡展」

30cm大ピープマン2点、および12cm大CUMOS4点出品。
CUMOS内部イラストはイラストレーターの若尾真一郎氏による特別バーション。

会期:2010年7月11日(日)〜2010年9月7日(火)まで。

8月7日に「立方体ミラクル万華鏡」と題してワークショップを開催しました。
午前午後とも20人定員で、申し込み多数になり抽選でした。
a0031847_2344752.jpg

毎回なにがしかのファシリテーションの工夫をしています。
一週間前の上田マルチメディアセンターの時からニックネームのネームタグをつけてもらって、お互いに呼びかけやすくする工夫を採用しました。
保護者はあくまでもアシスタントの立場で、こどもの素直な発想に横やりを入れないことと強調します。こども達は小さくとも結構真剣に取り組んで、それぞれ持ち味を出すものです。こどもを信頼することが重要です。

また、7日はちょうど高崎祭り開催日となり、美術館前に見事な山車が十数騎ほど並んでいて壮観でした。
全部で38基の山車があるそうです。

Email to Minori Yamazaki

Twitter MinorinY

by ardest | 2010-08-19 23:01 | 展示と掲載等資料
a0031847_038770.jpg『四次元の立方体万華鏡CUMOS』展
■幻の万華鏡キューモスの点・線・面 
CUMOS (CUBIC COSMOS SCOPE )

ヤマザキミノリが1974年、芸大1年時に考案し、80年代に世に送り出した幻の立方体万華鏡が螺旋時空の上に復活しました。巨大な宇宙を手のひらサイズの鏡箱に閉じこめたマクロとミクロの同時存在の不思議がテーマです。キュービックコスモスの四次元構造と内部映像の関係を新旧作をまじえて展示します。

2007年11月26日(月)〜12月7日(金)
am11:00〜pm19:00 最終日17:00 休廊日12月2日(日)
Galerie VIVANT ギャルリーヴィヴァン
〒104-0061 東京都中央区銀座6-8-3 尾張町ビル5F
(銀座駅A2出口3分、みゆき通り、英國屋のあるビル5階)
Tel.03-3574-6725 Fax.03-3571-7579
CUMOSに関しては、昨年より開設しましたCUMOS.JPの方に詳しくアナウンスさせて頂いています。

ヤマザキミノリが1974年の美大1年時に考案し、80年代に世に送り出した幻の立方体万華鏡が30年の時空を経て復活しました。昨年10月「大人の科学vol.13」で紹介され、再び注目を集めています。巨大な宇宙を手のひらサイズの鏡箱に閉じこめたマクロとミクロの同時存在の不思議がテーマです。キュービックコスモスの四次元構造と内部映像の関係を新旧作をまじえて展示します。 
  立方体万華鏡 CUMOS は、いわゆる三角柱型の普通の万華鏡とは違い、無限宇宙イメージが三次元空間に拡がるタイプです。1974年にヤマザキミノリが発明したオリジナルで1985年に実用新案を取得しました(すでに公知)。従来の万華鏡はイギリスの物理学者ブリュースターが19世紀初頭に発明しました。以来200年間、筒型が基本で普及した万華鏡の世界に、新しくヤマザキの立方体型(サイコロ型三次元イメージの万華鏡が加わったのです。

Minori Yamazaki first came up with the idea of this "four dimensional kaleidoscope" when he was a freshman at an art university, and has revived it now after 30 years. It was first introduced in the publication "Otona-no Kagaku vol. 13". An enormous universe is enclosed in the hand-size mirror box representing the mysterious coexistence of macro and micro. This exhibition introduces the structure of the cubic cosmos and a video documentation of the inside.

The four dimensional kaleidoscope "Cumos" is different from regular kaleidoscopes consisting of three mirrors. The original kaleidoscope was invented by British physicist Brewster in the early 19th century. After 200 years, Yamazaki added a new form of kaleidoscope with this invention and his utility model was officially approved in 1985.
by ardest | 2007-10-15 00:39 | CUMOS立方体万華鏡
a0031847_22495120.jpg『ミラクルワールド万華鏡』パート3 展に26CM立方で内部映像が変化するCUMOSを2点出品します。ヤマザキは初日に講演会、8月11日と19日には立方体万華鏡を作るワークショップも行います。 

会期 :7月14日〜9月17日
  7/14〜8/31 午前9時〜午後5時30分
  9/1〜9/17 午前9時〜午後5時
  休館日:7/17、8/20、9/3、9/4、9/5、9/10

会場 : おかざき世界子ども美術博物館

more 続きを読む
by ardest | 2007-07-12 22:46 | CUMOS立方体万華鏡
a0031847_23234548.jpg2日と3日のみですが、JAMのロビーに「不思議アートののぞき箱」立方体万華鏡とcumosを展示しました。ユニバーサルアートプロジェクトとしての立方体万華鏡制作ワークショップの紹介です。UAPふくろうの会の過去三年にわたる国内外での実績紹介と、ヤマザキのcumos紹介を盛り込んでいます。

両日の会場は、映像学会全国大会の協賛企業展示と作品展示に埋まっていました。喫茶コーナーのテーブルを利用して学生制作のワークショップ型立方体万華鏡の不思議箱を9個、cumosを5個ならべ、来場者に見てもらいました。

■不思議アートのぞき箱・立方体万華鏡のワークショップとは、

■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱
サイコロ型万華鏡 CUMOS

■ new CUMOS site
CUMOS cubic cosmos scope
CUMOS COSMIC BOX

■万華鏡伝導UAPふくろうの会
 
by ardest | 2007-06-02 23:22 | CUMOS立方体万華鏡
学研の大人の科学マガジン.netに「ヤマザキミノリ無限の光の世界」と題した特集記事が掲載されまています。ムービー2本付きです。ライトアートオブジェの無限につづく光の立体的イメージは普通の写真よりも理解して頂けるのではないでしょうか。是非のクリックしてみてください。2006年11月に開催された「拡がるメディアアート展」(女子美アートミュージアム)時に取材して頂いた記事です。
a0031847_22475670.jpg

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope

e-mail= minori.yamazaki※gmail.com (※の部分を@に変えて下さい)
 
 
by ardest | 2007-05-17 22:52 | 展示と掲載等資料
『第7回国際万華鏡協会展』
:The 7th International Kaleodoscope Association Show

IKA国際万華鏡協会が主催する展覧会に私が33年前に発明したCUMOS立方体万華鏡を2点展示します。また、6cmタイプのcumosの販売もあります。cumosの展示販売はおよそ20年ぶりくらいになります。
a0031847_23355389.jpg


More 続きを読む・・・
by ardest | 2007-05-17 22:19 | CUMOS立方体万華鏡
[展覧会アーカイブ ]
サイエンス&アート展「たんけん! びっくり! ふしぎな世界」
1999年(平成11年) 7月18日(日)〜8月31日(火)
第3ゾーンの「光とアート」の部門展示に出品しました。
-光の反射,屈折現象や光ファイバーを応用したアート及びコンピュータグラフィックスを紹介-
[主な出品資料]
ライトアート作品(ヤマザキミノリ作),さいころ万華鏡(ヤマザキミノリ作),コンピュータグラフィック作品(ヤマザキミノリ作),他 ライトスティック 千葉現代産業科学館での紹介ページへ
※写真は当時のsonyの35万画素cybershotで撮影したもの。
a0031847_23435623.jpg


More 続きを読む・・・
by ardest | 2007-04-17 21:14 | 展示と掲載等資料
[拡がるメディアアート展]2006/11/10~12/18 女子美術大学美術館JAMで展示。
光源を改良したFantacl Aplysia シリーズ2点を展示しました。
a0031847_1846920.jpg

◎学研 大人の科学マガジン.netに「ヤマザキミノリ無限の光世界」特集ページがアップされています。「拡がるメディアアート展」に出展したFantacl Light Artシリーズのムービーを見ることができます。また展覧会のダイジェストムービーも見ることができます。
a0031847_18463571.jpg

a0031847_18465571.jpg

by ardest | 2007-02-09 18:47 | FANTACL light art
[展覧会アーカイブ]
池袋西武百貨店アトリエヌーボーの300回記念展に『マスカレイド・(枡華麗度)』を出品して参加した記録です。   
1987年8月14日(金)〜8月26日(水) 西武百貨店(池袋店)

アトリエヌーボーで企画展示を行ったアーティストが多数参加しました。なぜか一升枡を使った作品での参加が条件でした。わたしは、枡の中にオルゴールと小型のブリュースター型万華鏡を仕掛けデコパージュで仕上げた『マスカレイド・(枡華麗度)』というダジャレ作品を出品しました。低速モーター回転フィルター付きで、柄が自動的に変わるようになっています。
a0031847_11323635.jpg

デコパージュ技法で仕上げた一升升。

More つづきをよむ・・・
by ardest | 2007-01-14 20:07 | 展示と掲載等資料