(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

タグ:Christmas ( 9 ) タグの人気記事

[イルミネーションデザイン Work File -009 ]

 群馬県太田市に建つ、こじんまりして、すてきなイタリアンレストランオリーバが人気です。昨年来、ウインターイルミネーションとして設置しましたが、冬季に限らず通年かがやいていました。
今年は、そのイルミネーションをさらにグレードアップしました。
正面を中心に、ハート形のリースを赤色LEDとモールで制作し、大胆に付け加えてみました。植栽へのイルミネーション施工も倍増しています。
a0031847_1282679.jpg

12月はクリスマスの特別メニューが設定されています。このピンクのハートリースは、それぞれ100球の赤色LEDと銀色のモールを組み合わせてオリジナルとして作りました。
店内から直接見えるように、ブラインドもカーテンも開けて運転しています。
a0031847_1285166.jpg

日本では、イルミネーションというとクリスマスイルミネーションと限定されてしまう感じですが、冬の寒空と夜の長さは3月いっぱいまで続きます。
イルミネーションが似合う環境としては、11月から2月いっぱいの4ヶ月が最適です。クリスマス用のサンタやベル、トナカイなどのアイテムを片づければそのまま、新年からバレンタインが終了しホワイトデーころまで、イルミネーションを楽しめます。

■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
a0031847_12988.jpg

a0031847_1335830.jpg

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
by ardest | 2005-12-18 01:32 | Oliva illumination
[イルミネーションデザイン Work File -008 ]
11月中に完成しました。群馬県は伊勢崎の西部ベイシアモールの中央に建つリオ・スポーツジムです。ガルバリウム鋼板張りのクールなかっこよさを主張する建物です。一階にはタリーズコーヒー店が開店したばかり。こちらのウインターイルミネーションには、青と白が交互に配列されているLEDのストレートイルミネーションランプを多用して、上に広がる躍動感の様なイメージを表現しました。全体で15000球のLEDと麦球を使用しています。
■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
a0031847_1154524.jpg

このあたりは強い北風の吹く場所です。約8メートルのストレートライトイルミネーションランプがあおられても平気なように、1.5ミリのステンレスワイヤーを下地に張って、そこにイルミネーションランプを施工しています。
施工には5日間を要しました。
a0031847_1162637.jpg

a0031847_1164838.jpg

a0031847_2342147.jpg

   
■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
by ardest | 2005-12-08 01:20 | Rio SportClub illumi
[イルミネーションデザイン Work File - 006]

 11月17日開店。クリスマスシーンに限らず、ウインターイルミネーションとして来年の2月いっぱいまでこのまま運転できるようにデザインしています。
青白交互のLEDイルミネーションを建物のベースイルミネーションとしてレイアウトしてみました。屋上のモチーフライトも盛りだくさんです。
a0031847_21191841.jpg

a0031847_21194095.jpg

a0031847_21202214.jpg

a0031847_2220479.jpg

■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
by ardest | 2005-11-20 21:22 | Docomo Shop Illumi
[イルミネーションデザイン Work File - 005]

 昨年11月下旬にイルミネーションを施工したイタリアレストランoliva太田店です。当初、バレンタイン終了時期まで点灯の予定でしたが、結局、春から夏、秋と通年で点灯し続けました。

どうやらこのイルミネーションがお店のキャラクターとして定着したようです。真夏には、どうにも暑苦しい印象になるかなと心配もしていましたが、全くそんなことはなく、白色と青色のLEDの涼しさがプラスに働きました。
a0031847_149348.jpg

こういった感じで、クリスマスシーズンだけでなく、年中点灯する利用方法も増える傾向になるのではないかと思っています。なによりLEDイルミネーション光源の涼しげな色温度と超寿命、それから消費電力の少なさが魅力ですね。

今年もいよいよ、本格的なクリスマスシーンの施工が始まります。
a0031847_2011110.jpg

↑上の写真は、立体視が可能です。左右平行法で鑑賞してみてください。
左目で左の画像、右目で右の画像を30cm位離れたところからじっと見つめると、真ん中に奥行きのある風景が浮かび上がります。
昨年12月30日のoliva
昨年完成時の記事へ
 
■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
by ardest | 2005-10-16 14:13 | Oliva illumination
[イルミネーションデザイン Work File -004]

■長期点灯イルミネーションの時代が来ます。
ドコモショップ桐生店のバレンタインイルミネーションの夜景です。このウインターイルミネーションは昨年11月から3月中旬まで約5ヶ月間の点灯予定です。夜は新しく付けた2m四方大リボンの赤色発光ダイオードが浮かび上がります。その他チューブライトで作ったハート形イルミネーションも増設しています。
a0031847_22271817.jpg

まだまだクリスマス時期だけで終わってしまうイルミネーションの多い中、このイルミネーションはすでに3ヶ月半輝いています。昨年11月から立ち上がったクリスマスバージョンをかわきりに年末にウインターイルミバージョンへの模様替えを経て、バレンタインバージョンと表情を少しずつ変えてきました。さらに一ヶ月さきのホワイトデーまで点灯予定です。
a0031847_2228103.jpg

 考えてみてください、一番寒く寂しい冬空は2月中旬から下旬にかけてなのです。その時期になぜイルミネーションが撤去されているのでしょうか?不思議です。
こういった現在の状況は、数年かけてバレンタインイルミネーションが普及する方向に変化していくことで変わっていくことでしょう。LEDイルミネーションの登場などによりランニングコストが気にならなくなった事や、バレンタインの演出がチョコレートなどの商品にとどまらず空間を伴ったビジュアルマーチャンダイジングの方向に進むことでイルミネーション演出の普及が進むと思います。
つまり、11月から3月頃までおよそ4ヶ月間のイルミネーションシーズンが想定される時代がくることを私は予測します。
昼間の様子は一つ前の投稿記事にあります。
a0031847_0422872.jpg


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 "Christmas Decoration, Display Design,Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 "cumos, Light art,CG,Installation"
●メディア授業用サイトFantacl.com/ MEDIA ART"Flash tutorial,Student works, etc."
by ardest | 2005-02-15 22:43 | Docomo Shop Illumi
[イルミネーションデザイン Work File -003]

 太田のイタリアンレストラン"オリーバ oliva"のウインターイルミネーションは、クリスマス以降も引き続きディスプレイされています。店の左側にある二本のケヤキにもイルミネーションをつけました。このところ、連日連夜満席状態で何よりです。2005年の3月まで点灯継続の予定です。
a0031847_120246.jpg

a0031847_1204066.jpg

a0031847_1205750.jpg

a0031847_1211113.jpg店内からカーテン越しに青色発光ダイオードの明滅を見るアングルです。ブルーの明滅がまるで冬のホタルといった趣で、ねらい通り店内の暖色系の明かりの中に補色関係の不思議なアクセントを作っています。


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 "Christmas Decoration, Display Design,Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 "cumos, Light art,CG,Installation"

■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■ new CUMOS site CUMOS cubic cosmos scope ]
■ 万華鏡伝導 UAPふくろうの会
 
by ardest | 2004-12-30 01:22 | Oliva illumination
a0031847_2391276.jpg もーいくつ寝るとクリスマス。クリスマスは年間で一番お客とお金が動くシーズン!なので、デパートやショッピングモールを中心にイルミネーションやディスプレイに力が入ります。
キリスト教でもないのに、、、なんて野暮なことを言わないで楽しみましょう。
なんでもこの時期は、日本にも昔から地方に土着の冬至のお祭りがあったそうです。そんな背景から受け入れやすいイベントなのかもしれません。

 さらにドコモショップ桐生店の店内のクリスマス装飾です。今年はどうやら深紅がクリスマスシーズンのファッションカラーの様子。銀座和光や資生堂ザギンザのディスプレイが深紅でした。マルイも赤いLEDを中心に使っています。
ここでは店外は青と白のLEDでかため、店内は一転して赤にしてコントラストを付けてみました。

a0031847_2393123.jpg


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"

●MINORI YAMAZAKI HP
by ardest | 2004-11-19 02:40 | Docomo Shop Illumi
■写真は横浜クイーンズスクエアクリスマス2000 
ステーションコアのクリスマスデコレーションです。
a0031847_9555472.jpg

場所:横浜みなとみらい クイーンズスクエアー横浜 ステーションコアアトリウム空間
期間:2001年11月9日〜12月25日 午前8時より午後11時まで
   (午後4時より11時まではムービングライトでライトアップされます)
主催:(株)横浜シティマネジメント
協賛:(株)東洋紡 
プロダクション:(株)OMC
デザイン&施工:ヤマザキミノリ&オリジンスタジオ

2000年に書いた記事からの引用です。
 そうこうしている内に、仕事の問い合わせもネット経由が主になってきた。そもそも昨年の横浜クイーンズスクエアークリスマス装飾の仕事は、ある中堅広告代理店のディレクターがネットで私を捜し当てた結果だ。「クリスマスツリー」「デザイナー」とでも検索語を入れて関連情報を一網打尽にしたのだろう。先月も早々と今年のクリスマス装飾がらみの問い合わせが舞い込んだ。(2000年時点の記述です)

■記事の全文:「IT・情報環境に思う」はこちらへ
[Minorin Blog] minori.jugem.cc
または、下のトラックバックをクリックしてジャンプしてください。

■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
by ardest | 2004-08-29 09:52 | Space&Display Design

Queen's Sqare Christmas 2001

[作品アーカイブ]
クイーンズスクエアー横浜クリスマス演出2001 
クリスマスデコレーション
a0031847_2158987.jpg


場所:横浜みなとみらい クイーンズスクエアー横浜 ステーションコアアトリウム空間
期間:2001年11月9日〜12月25日 午前8時より午後11時まで
   (午後4時より11時まではムービングライトでライトアップされます)
主催:(株)横浜シティマネジメント
協賛:(株)東洋紡 
代理店:(株)OMC
デザイン&施工:ヤマザキミノリ&オリジンスタジオ
a0031847_2222459.jpg

ここステーションコアのアトリウムは、今年のクリスマス、初めて空間装飾されました。

 横幅50m×奥行き30m×高さ30m(最深部50m)の巨大な吹きぬけ空間をあふれんばかりに飾るのは、天井トラスを充分に生かしてレイアウトされた東洋紡の「ハイム」という布地です。ミラーボールを中心に放射状にたっぷりしたドレープを幾重にも重ね、まさに空間に浮かぶ大輪の花のようです。
一本の幅は2.2メートルあり、長さは全体で約700メートル使用しています。
(「東洋紡ハイム」=高性能難燃テキスタイル)

これらのテキスタイルに特殊なライトから照明を当て、クリスマスシーズンにふさわしい幻想的なイメージを演出しています。スポットライトの色やパターン、そして動きはプログラムされ、コンピューターで制御されています。

点灯時間は毎日、アトリウムが暗くなりはじめる夕方4時から、夜11時までの完全自動運転になっています。オートマティックに光の動きを繰り返し奏でる、まさに巨大な「光のオルゴール」といえるでしょう。

上空に浮かんだクリスマスレッドを中心にしたボリューム感あふれるドレープテキスタイルとミラーボール群。それらを浮かび上がらせる特殊スポットライトの光とパターンにより、巨大アトリウム全体を覆うファンタジックな空間演出、光のオルゴール"Queen's Dream 2001"をどうぞお楽しみ下さい。

   デザイナー ヤマザキミノリ


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
 
by ardest | 2004-08-27 21:59 | Queen's Christmas