(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest
高崎市美術館  「魅惑の万華鏡展」

30cm大ピープマン2点、および12cm大CUMOS4点出品。
CUMOS内部イラストはイラストレーターの若尾真一郎氏による特別バーション。

会期:2010年7月11日(日)〜2010年9月7日(火)まで。

8月7日に「立方体ミラクル万華鏡」と題してワークショップを開催しました。
午前午後とも20人定員で、申し込み多数になり抽選でした。
a0031847_2344752.jpg

毎回なにがしかのファシリテーションの工夫をしています。
一週間前の上田マルチメディアセンターの時からニックネームのネームタグをつけてもらって、お互いに呼びかけやすくする工夫を採用しました。
保護者はあくまでもアシスタントの立場で、こどもの素直な発想に横やりを入れないことと強調します。こども達は小さくとも結構真剣に取り組んで、それぞれ持ち味を出すものです。こどもを信頼することが重要です。

また、7日はちょうど高崎祭り開催日となり、美術館前に見事な山車が十数騎ほど並んでいて壮観でした。
全部で38基の山車があるそうです。

Email to Minori Yamazaki

Twitter MinorinY

by ardest | 2010-08-19 23:01 | 展示と掲載等資料
☆作品展といっても、内容は 作品展+ドイツ研究滞在ワークショップ報告です。
<開期>2009年12月15日(火)~12月25日(金)

□ 35年前の学生時代に私が考案した立方体万華鏡は今、ユニバーサルなアートとして日本国内のみならず世界へ広がろうとしています。誰でも作り手になり創作する喜びに触れることができる立方体万華鏡ワークショップ。今年はドイツやポーランドのこども病院で活動する機会を得ました。ポリカーボネート製ミラーを使い2時間ほどで組み立て可能です。創作する喜びは治癒力を高めます。オリジナルのcumos立方体万華鏡と、各地での交流の様子を交えてワークショップタイプを紹介します。

<開催時間> 11:00~18:30   ※日曜・祝日休廊
<開催場所>  銀座gallery女子美

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座4-10-6 永井画廊6F
交通:東京メトロ日比谷線・都営地下鉄線 東銀座駅A2出口より徒歩30秒
   東京メトロ銀座線 銀座駅A6出口より徒歩5分
[お問い合わせ]
開廊期間中:Tel.03-5551-1900
開廊期間外:Tel.042-778-6111(代)

※掲載写真は、ドイツ コットブス市Carl-Thiem-Klinikum小児病棟でのワークショップの様子。
                  ・・・大急ぎで作品作らないと!!
a0031847_10524093.jpg
a0031847_10525626.jpg
a0031847_1053815.jpg
a0031847_10532042.jpg

※関係リンクFANTACLという私の日記ブログにドイツ研究滞在報告を書いています。
※CUMOS.JPにもワークショップ関連記事があります。
 
Email to Minori Yamazaki
Mobile= 090-4459-8177
Twitter MinorinY
by ardest | 2009-12-09 10:51 | CUMOS立方体万華鏡
立方体万華鏡CUMOSを辺の中央から対辺方向を撮影した2D作品。
デジタルアーカイブ用に6×7のポジフィルムを改めてスキャンし直した。
a0031847_2205085.jpg

そして、技術評論社刊「Open Social入門」田中洋一郎著の表紙に使用していただきました。
 
a0031847_10521013.jpg

※amazonの紹介ページへ
 
by ardest | 2008-12-14 21:56 | CUMOS立方体万華鏡
■秋田自然科学学習館
『アート鏡ワークショップ』
世界に一つだけ… 自分だけののぞき箱… つくってみませんか?
日時:7月26日(土)、27日(日)、、、、

■仙台万華鏡美術館 夏休み限定企画2
『ふしぎアートのぞき箱をつくろう!』6枚の鏡を立方体に組んだふしぎな箱です
7月29日(火)、30日(水)

■福岡アジア美術『箱型万華鏡』 福岡アジア美術館内彫刻ラウンジ
8月2日(土)14:00〜16:30  8月3日(日)14:00〜16:30 

■藤野芸術の家
『箱形万華鏡∞(ムゲン)ワールド』 8月9日[土] 10時から16時の1回開催

■川口メディアセブン
 "手のひらにのる宇宙!「箱型万華鏡をつくろう」"  8月10日[日]

★関連情報は、http://www.cumos.jp/work/index1.html cumos.jpサイトへ
※詳細は↓more infoで、

More info
by ardest | 2008-07-22 09:35 | CUMOS立方体万華鏡
23日に技術評論社から「Google Android グーグルアンドロイド入門・携帯電話開発の新技術」という本が出ました。著者は携帯電話OSの専門家の嶋是一さんです。わたしの新作CUMOS (CUBIC COSMOS SCOPE )の内部映像を表紙に使っていただきました。嶋是一さんのブログへ
これは表紙イメージを探していた編集長の池本公平さんからメールを頂いたことからマッチングしたものです。このCUMOS画像はカシオのEXILIM携帯W53CAで撮影したものですが、なんと偶然にも著者の嶋さんは、それを動かすオペレーティングシステムを担当されていたのでした!   
a0031847_16391722.jpg

ちなみにこの写真もW53CAのノーマルモードで撮りました。500万画素のデジカメがついているので、その最高画素で撮るとA5サイズで320DPI程の解像度クオリティーで撮れ、印刷物にも対応できるのです。モブログの場合はVGAモード(640×480ピクセル)ですが、、、。
 
by ardest | 2008-04-29 16:39 | 展示と掲載等資料
神奈川県相模原市になった藤野町は芸術の家で立方体万華鏡のワークショップをやります。3月29日は私の誕生日でもありま〜す。

■「箱形万華鏡 ∞(ムゲン)ワールド」 こども造形ワークショップ
★藤野芸術の家 HP http://www.din.or.jp/~fart/
 2008年3月29日(土) 10時〜16時 午前午後とのんびり、ほぼ1日がかりです。
☆ http://cumos.jpにも情報掲示しています。
 

More 続きを読む・・・
by ardest | 2008-03-02 11:33 | CUMOS立方体万華鏡
a0031847_839415.jpg

ヤマザキミノリが参加した光のイベント紹介です。
LIGHT de NIGHT 10X10  日時:2008年1月25日(金)18:40〜22:00
公式サイト http://www.bluemoment.jp/
a0031847_10103690.jpg

a0031847_10105183.jpg

1月25日、五反田にある東京デザインセンターで10人のスペシャリストが10分づつ立て続けにプレゼンテーションをする「LIGHT de NIGHT 10X10」というトークイベントが開催されました。三年目なのですが、400人近い人が訪れ大盛況でした。

今回、ヤマザキミノリもパネラーの一人として参加しプレゼンしました。
立方体万華鏡作品「CUMOS (CUBIC COSMOS SCOPE )」を切り口にその歴史や構造と光の世界観について話しました。イベント全体としては幅広く光を考察する事のできるあり得がたい機会でした。

more 続きを読む
by ardest | 2008-02-11 08:39 | comments

First CUMOSのページを公開

■1974年、立方体万華鏡の発想のきっかけとなった芸大一年時の課題内容と記念すべき第一号CUMOS (CUBIC COSMOS SCOPE )の写真と当時使用していたスケッチブックのページを公開しました。
 ★FIRST CUMOSのページ
 
 ヤマザキミノリが1974年の美大1年時に考案し、80年代に世に送り出した幻の立方体万華鏡が30年の時空を経て復活しました。昨年10月「大人の科学vol.13」で紹介され、再び注目を集めています。巨大な宇宙を手のひらサイズの鏡箱に閉じこめたマクロとミクロの同時存在の不思議がテーマです。キュービックコスモスの四次元構造と内部映像の関係を新旧作をまじえて展示します。 

CUMOS (CUBIC COSMOS SCOPE )に関しては、昨年より開設しましたCUMOS.JPの方に詳しくアナウンスさせて頂いています。

more 続きを読む
by ardest | 2007-11-03 22:53 | CUMOS立方体万華鏡
★上毛新聞社120周年企画  群馬の知と技のルネッサンスとして[創] のカテゴリーインタビューに掲載されました。10月9日午後、相模原の研究室に取材がありました。記事は31日の記念号に載りました。

造形作家 ヤマザキミノリ (詳細は下記のリンクで直接どうぞ)
「光と空間のアーティスト・立方体万華鏡で作る喜びを世界に」
・胎内を思わせる機の音で育つ
・アートの原点は10センチの立方体
・ユニバーサルアートで世界に笑顔を
 
e-mail= minori.yamazaki※gmail.com (※の部分を@に変えて下さい)
by ardest | 2007-11-03 00:17 | 展示と掲載等資料
a0031847_038770.jpg『四次元の立方体万華鏡CUMOS』展
■幻の万華鏡キューモスの点・線・面 
CUMOS (CUBIC COSMOS SCOPE )

ヤマザキミノリが1974年、芸大1年時に考案し、80年代に世に送り出した幻の立方体万華鏡が螺旋時空の上に復活しました。巨大な宇宙を手のひらサイズの鏡箱に閉じこめたマクロとミクロの同時存在の不思議がテーマです。キュービックコスモスの四次元構造と内部映像の関係を新旧作をまじえて展示します。

2007年11月26日(月)〜12月7日(金)
am11:00〜pm19:00 最終日17:00 休廊日12月2日(日)
Galerie VIVANT ギャルリーヴィヴァン
〒104-0061 東京都中央区銀座6-8-3 尾張町ビル5F
(銀座駅A2出口3分、みゆき通り、英國屋のあるビル5階)
Tel.03-3574-6725 Fax.03-3571-7579
CUMOSに関しては、昨年より開設しましたCUMOS.JPの方に詳しくアナウンスさせて頂いています。

ヤマザキミノリが1974年の美大1年時に考案し、80年代に世に送り出した幻の立方体万華鏡が30年の時空を経て復活しました。昨年10月「大人の科学vol.13」で紹介され、再び注目を集めています。巨大な宇宙を手のひらサイズの鏡箱に閉じこめたマクロとミクロの同時存在の不思議がテーマです。キュービックコスモスの四次元構造と内部映像の関係を新旧作をまじえて展示します。 
  立方体万華鏡 CUMOS は、いわゆる三角柱型の普通の万華鏡とは違い、無限宇宙イメージが三次元空間に拡がるタイプです。1974年にヤマザキミノリが発明したオリジナルで1985年に実用新案を取得しました(すでに公知)。従来の万華鏡はイギリスの物理学者ブリュースターが19世紀初頭に発明しました。以来200年間、筒型が基本で普及した万華鏡の世界に、新しくヤマザキの立方体型(サイコロ型三次元イメージの万華鏡が加わったのです。

Minori Yamazaki first came up with the idea of this "four dimensional kaleidoscope" when he was a freshman at an art university, and has revived it now after 30 years. It was first introduced in the publication "Otona-no Kagaku vol. 13". An enormous universe is enclosed in the hand-size mirror box representing the mysterious coexistence of macro and micro. This exhibition introduces the structure of the cubic cosmos and a video documentation of the inside.

The four dimensional kaleidoscope "Cumos" is different from regular kaleidoscopes consisting of three mirrors. The original kaleidoscope was invented by British physicist Brewster in the early 19th century. After 200 years, Yamazaki added a new form of kaleidoscope with this invention and his utility model was officially approved in 1985.
by ardest | 2007-10-15 00:39 | CUMOS立方体万華鏡