(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

タグ:Art work ( 11 ) タグの人気記事

ヤマザキミノリ 略歴

ヤマザキミノリ    アーチスト    本名:山崎 稔 
            
MINORI YAMAZAKI  Public Art / Light Art / Computer Graphics

Email to Minori Yamazaki
Mobile= 090-4459-8177
Twitter MinorinY
a0031847_1211141.jpg

 パブリックスペースの空間デザイン、環境造形、展示設計、モニュメント制作が主な創作領域です。鏡の無限反射を利用した独特なライトアートオブジェfantaclシリーズや立方体万華鏡cumos、さらにコンピューターグラフィックスなどの制作を中心に造形創作活動をしています。

 学生時代に考え出し、実用新案も取得した手のひらサイズの立方体万華鏡cumosシリーズから始まって、鏡の無限反射を活用した等身大ライトアートオブジェFANTACLシリーズへ作品が進化しました。80年代は年々作品のスケールが巨大化して人を包み込む公共空間デザインや演出、モニュメント制作へ創造の領域が展開しました。
90年代には、鏡や調光によるビジュアル効果を生かした博覧会やテーマパークなどの演出デザインも担当してきました。さらに公共建築へのアートワークコーディネートなども手がけています。

また片方でコンピューターグラフィックスとは82年頃からの関わりがあり、レイトレーシング技法による三次元CGイメージ画像を数多く制作してきています。その多くは、ストックフォトエージェント経由で多数の広告印刷媒体に使用されてきています。

 95年以降、クリスマスシーンでは、いくつかの大型アトリウムの吹き抜け空間装飾を担当してきました。1995年から1997年まで三年間は新宿NSビルのアトリウム設置のクリスマスツリーをデザインしました。2000年には神戸ファッションプラザRinkで直径50メートルのツリーイメージを中心にファンタジックなクリスマスシーンをデザインしました。

それから2001年には横浜のクイーンズスクエア中央のステーションコアアトリウムを担当しました。それら巨大アトリウムにおけるクリスマスシーン演出では、難燃テキスタイルやフリンジやレーステキスタイルを大胆に使ってクリスマスツリーやデコレーションを形作ります。それらにイルミネーションや舞台照明、ムービングライトをコンピューターコントロールしたインテリジェントライティングを照射して空間に効果的に浮かび上がらせ、全体としてファンタスティックでロマンティックなクリスマスシーンをデザインしています。

2004年は青色と白色のLED(発光ダイオード)を大量に使ったウインターイルミネーションをデザインしました。

2003-6年の4年間は、女子美術大学美術館館長として、展示企画立案や運営も重要な仕事でした。
現在 女子美術大学メディアアート学科およびアート・デザイン表現学科ヒーリング表現領域教授。

ヤマザキミノリのインターネット美術館"cumos, Light art,CG,Installation"空間デザイン,環境造形,展示設計,クリスマスイルミネーション,ツリーデザインライトアート,立方体万華鏡,コンピューターグラフィックス,インスタレーション



1954年 群馬県桐生市生まれ   
1978年 東京芸術大学工芸科鋳金専攻卒
1980年 東京芸術大学構成デザイン大学院修了 


[主な仕事]
1987年 東京芸術大学100周年記念「デザイン,建築展」空間ディスプレイ
1988年 高野山東京別院マンダラパビリオン空間デザイン
1989年 仙台市政100周年記念イベント“スターライトファンタジア”企画デザイン
1990年 大阪花と緑の博覧会「花博郵便局ティンクルポスト」空間デザイン
1992-1994年 桐生テキスタイルプロモーションショー空間デザイン
1994年 和歌山リゾート博「マリーナシティー和歌山県館」ライトアート制作
1995年 TODAY'S JAPAN・デザインサンプリング'95出品 /カナダ、ハーバーフロントセンター
1995-6年 新宿NSビル「光のクリスマスツリー」デザイン
1996年 東京ファッションタウンWANZA ARIAKE オープニングイベント空間演出
1997年 桐生市市民文化会館アートワークコーディネイト及び作品制作
1999年 インターネットコラム「ヤマザキミノリのサイバーキュレーター」japandesign.ne.jp
2000年 都営地下鉄12号線「蔵前駅」ゆとりの空間作品制作アートディレクション
2000年  浜松科学館特別企画“光のミラクルランド”企画構成展示デザイン
2000年 都営地下鉄大江戸線蔵前駅ゆとりの空間「光のかたち」アートワークコーディネート
2000年 (株)平和アートワークコーディネートおよびオブジェ制作
2000年 神戸ファッションプラザRinkアトリウムクリスマス装飾
2001年 宮沢賢治童話村「星の教室」ライトアート制作
2001年 クイーンズスクエア横浜ステーションコアアトリウム クリスマス装飾
2003年 桐生ロータリークラブ創立50周年記念オブジェ制作-桐生倶楽部
2004年 ドコモショップ桐生店クリスマスイルミネーション
     イタリアレストランoliva太田店 クリスマスイルミネーション
2005年 ドコモショップ太田南店、Rioスポーツクラブ伊勢崎店ウインターイルミネーション

[主な公募展、企画展、招待出品]
1980年 第一回日本グラフィック展佳作賞受賞
1981年 デザインフォーラム 81銅賞受賞
1984年 デザインニューウエーブ 84展招待出品。第二回オムニアートコンテスト優秀賞受賞
1985年 ハイテクノロジーアート展招待出品。デザインフォーラム85招待出品
1986年 ハイテクノロジーアート国際展招待出品
1987年 
1987年8月14日(金)〜8月26日(水) アトリエヌーボー300回記念展 西武百貨店(池袋店)
1988年 ARTISTIC IMPRESSION SCENE展招待出品(PXA,AXISギャラリー)
1989年 ARTISTIC IMPRESSION NON-STILE展招待出品
1990年 NHKスペシャル「アインシュタイン黄泉の国」参画
1991年 “東京ルーミングライブヤ91展”東京パーン汐留。高岡クラフトコンペ特別招待出品
1992年 「光のいぶき展」インスタレーション (すみだリバーサイドギャラリー)
      テーブル35- 35人のクリエーターによる大饗宴招待出品(銀座松屋)
1994年 岐阜あかりのオブジェ展 審査員特別賞受賞
2000年 展覧芝居「天使の庭2」インスタレーション(六本木ストライプハウス美術館)
2001年 「Joshibi session 教員作品展」 女子美アートギャラリーJAM
2002年 「素材からこぼれるあかり展」(瀬田ショップギャラリー)
2005年 「JAM session 2005 女子美術大学教員作品展」

[企画個展]
1980年 「光のビックリ箱・CUMOS展」(池袋西武アトリエヌーボー) 
1981年 「ヤマザキミノリ展」(原宿ギャラリー412)
1981年 「光のピラミッド・視覚四角錐展」(池袋西武アトリエヌーボー) 
1983年 「カラフルカラクリFANTACL展」(池袋西武アトリエヌーボー) 
1987年 「THE PEEP MAN SHOW」(銀座松屋遊びのギャラリー) 
1987年 「ライトアートAPLYSIA展」(銀座松屋デザインギャラリー)
1988年 「APLYSIA光の軟体動物展」(原宿グラフィックステーション) 
1989年 「APLYSIA光の宇宙卵展」(銀座プラスマイナスギャラリー) 
1992年 「ヤマザキミノリのライトアート展」(宇都宮テプコ・ラフォンテ)
1995年  “orijin/オリジン”生きること感じることの不可思議 (美ケ原高原美術館:光の美術館)

[その他の関連サイト]
ヤマザキミノリのサイバーキュレーター/Japan Design Net /
http://www.joshibi.ac.jp/
・ヤマザキミノリのブログサイトetc
FANTACLミノリのライフブログ
CUMOS WORLD ミノリの授業関連ブログ
ミノリのコメントブログ

 

e-mail= minori.yamazaki※gmail.com (※の部分を@に変えて下さい)

             やまざきみのり、山崎みのり、やまざき稔、山﨑ミノリ、
by ardest | 2008-07-28 09:26 | about MinoriYamazaki
a0031847_839415.jpg

ヤマザキミノリが参加した光のイベント紹介です。
LIGHT de NIGHT 10X10  日時:2008年1月25日(金)18:40〜22:00
公式サイト http://www.bluemoment.jp/
a0031847_10103690.jpg

a0031847_10105183.jpg

1月25日、五反田にある東京デザインセンターで10人のスペシャリストが10分づつ立て続けにプレゼンテーションをする「LIGHT de NIGHT 10X10」というトークイベントが開催されました。三年目なのですが、400人近い人が訪れ大盛況でした。

今回、ヤマザキミノリもパネラーの一人として参加しプレゼンしました。
立方体万華鏡作品「CUMOS (CUBIC COSMOS SCOPE )」を切り口にその歴史や構造と光の世界観について話しました。イベント全体としては幅広く光を考察する事のできるあり得がたい機会でした。

more 続きを読む
by ardest | 2008-02-11 08:39 | comments
先月気がついたのですが、誰かが私をネット上のフリー百科事典であるウイキペディアに書き込んでくれていました。大変名誉なことです。がんばって作家活動に精進しなければ、、、、。
★WIKIPEDIAのヤマザキミノリ紹介記事★ 
何度か編集履歴がありますね。主な作品の近年のことろが変ですね。あまり主でない作品が掲載されています。気になるので、自分で編集した方が良さそうです。早々にWIKIの編集方法を勉強しないといけませんね。

※10月19日に、自分の略歴をアノニマスで少し編集しました。
その後でminorinというアカウントを作りました。


将来的には、英語版や各国版にも掲載される国際的な作家を目指したいものです。
a0031847_162445.jpg

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
             やまざきみのり、山崎みのり、やまざき稔、山﨑ミノリ、

e-mail= minori.yamazaki※gmail.com (※の部分を@に変えて下さい)
by ardest | 2006-08-22 16:02 | about MinoriYamazaki
a0031847_1875581.jpg

"Altair" Hikoboshi (Fantacl light art series)
桐生市市民文化会館に1997年7月に設置したライトアートのパブリックアート。
"Altair" Hikoboshiとは、七夕の彦星のこと。織り姫神社に隣接する文化会館にもう一人の主人公を奉じようと考えたもの。今作品の正面方向約100メートルの位置に織り姫神社がある。中心の円形部分はアクリルミラーとハーフミラーによる無限反射で、立体的に深い奥行きをもつ星空映像となっている。
a0031847_122101.jpg

a0031847_2036289.jpg

↓左目右目用画像を別々に撮影して、立体写真にしてみました。平行法です。
a0031847_1839850.jpg

※このブログ中の関連記事へ
"Altair" Hikoboshi by Minori Yamazaki
「アルタイア-彦星-」
織り姫を慕って現れた彦星である。蛍光管とオプティカルファイバーから発せられた光は、
アクリルミラードームの間で無限反射し、光と闇で空間を作る。
アルミフレームの確かな物質感が虚の空間を支える。
Altair emerged longing to see Vega. Light produced by fluorescent tube and optical fiber infinitely reflects and creates space in the light and the darkness.
Sturdy aluminum flame embraces the space of emptiness.


a0031847_2330393.jpg
[文化会館小ホールホワイエに常設展示]
acrylic mirror dorm, fluorescent light, optical fiber 1997 
アルミニューム、アクリルミラー, 蛍光灯, 光ファイバー 1997
W2.4m X H2.4m X D0.4m

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 
Internet Museum of MINORI YAMAZAKI

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
 
by ardest | 2006-07-31 12:25 | 桐生文化会館Artwork
Waiting As the Space Eggs of Light Incubate

by Junichi Arai (Textile Planner)


There is a certain pleasure, a certain joy that we experience when we find ourselves face to face with the unknown, the unseen of this world. But when we look back upon what we have seen, the experience may turn horrifying and we feel as if we have been through the abyss of horror.

To know the unknown, to see the unseen. Perhaps it means the timeliness of an art. It is the advance guard of the times who can see what is to come with the desire to know our fears as our real nature who open the eyes of those who cannot see that which is before them. Such is the fate of an artist.

Seeing the work of that magician of light Minori Yamazaki is just such an experience - experiencing the unknown, seeing what has not been seen. It is not simply the passive experience of viewing art. No, that isn't it all. The viewer creates the same experience just as the artist does when encountered with Yamazaki's work. l wonder if Yamazaki himself is aware of all that his work imparts to the viewer? I doubt it. Yet it is he, the artist, who understands the interplay between light and his work better than any dazzled viewer of the unknown.

Yamazaki knows that he cannot keep up with what he creates. It becomes too much for even him. Therefore, he speaks lightly of that his own creations live alongside him in the times as the inevitable fruit of his labor.

He often talks of how he wants his viewers to enjoy his work. He speaks calmly as if talking about someone else's creation. The world that Yamazaki creates with his works is as infinitely varied as the physical function of the viewer allows it to be. Of course, this is true for all works of art.

It's all a question of degrees of sensitivity and the ability of the soul to grasp what is presented. It is a process that leads to freedom of sensitivity.

At any rate, that's how Yamazaki describes it. But I'm not so easily convinced.

What we have here is no simple mechanical gadget in a cheap circus tent. The act of viewing brings about the birth of sensitivity in the eyes of the viewer who is then captured by that sensitivity. That's what it's all about.

The process of knowing the unknown and seeing the unseen is the same for the artist and the viewer alike. They are both captivated by what they experience.

It is no rare phenomenon for a work of art to end up different from the initial image that led the artist to create it. But it is rare that an artist sees his own work and recoils in utter shock and horror when he grasps what he has done.

One should not be surprised if in viewing Yamazaki's work he dis-covers something that the artist himself has not seen. Perhaps this is what Yamazaki means when he talks of the timeliness of what he creates.

It is not simply a matter of an artist bringing forth a creation from nothing.

It is the age in which he works that is the creator and he, the artist, is there to help in the process of creation partly by putting himself in a viewer's place.

Of course without Yamazaki his works could not be. It would be better to say that the works are the result of a collaboration between Yamazaki and his age.

What allows Yamazaki to so unpretensiously create his network of light is precisely the fact that in the process he finds himself to some extent an observer watching as his age creates. This frees him from any possibility of artistic arrogance.

These are not such weak apparitions as the fleeting sparks given off by fireworks against a night sky or electric illumination which are turned on and oft with a switch.

In the midst of Yamazaki's "Cumos" we find the existence of dotted light that has been locked in tight.

The more he tries to extract that light out of the case that contains it, the more it leads him into the world of the internal experience.

I wonder what will arises from the Space Eggs of Light. Perhaps we will witness the moment when we are liberated from our fear and expectation.

The insolent images that we can draw from Yamazaki's rough sketches have yet to be accepted by his viewers.

There's nothing to do but wait with keen interest.

-september 1989

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会

More information...
by ardest | 2006-05-05 20:52 | comments
■都営地下鉄12号線 大江戸線「蔵前駅」          [作品アーカイブ]
ゆとりの空間アートワーク・デザインコンセプト
2000年2月-アートディレクターヤマザキミノリ・ガラス造形作家の趙慶姫氏
a0031847_15251100.jpg

-蔵前、蔵屋敷の「輝き」「きらめき」を表出したい。

[キーワード]
「蔵前」「蔵屋敷」「祭り」「花火」「隅田川」「流れ」「雨」「四季」「風土」「風景」「伝統」「産業」「文化」「未来」「かがやき」
-時空間を越えた多面的で多様な表情を表現していきたい。
a0031847_153338.jpg

・蔵前駅内装デザインのメインモチーフである蔵型のリズムを基調にしています。その蔵型をフレーム(額装)となぞらえて、その中に様々な表情を描きます。
・蔵前の四季や気候などの「風土性」、祭りや伝統などの「文化性」、都会の風景や産業などの「未来性」がおもなモチーフです。

・素材は板ガラス
デザインは、ガラス造形作家の趙慶姫氏
趙慶姫氏は板ガラスを主に使用したディスプレイやオブジェ、パブリックアートの若手ホープです。氏のデザインによりシャープで都会的な構図やラインの緊張感、ガラスの透明性やきらめきの醸し出す未来感などを表出できるものと確信しています。また洗練された直線基調の造形は、広重の版画と通じる何か日本的伝統美も内包しています。

全体として蔵屋敷のノスタルジックでありながら機能的な伝統美の中に、蔵前の過去と現在、伝統と未来、多様性や革新性を表現していくのが狙いです。
蔵前が内包してきた歴史や伝統文化、そこから未来に発信していく産業や生活文化の夢や理想を表現できるものと確信しています。
a0031847_1531599.jpg

関連サイト:
JDN 大江戸線 蔵前駅
「大江戸線パブリックアート」趙慶姫氏によるコメント

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
by ardest | 2006-03-31 01:49 | 大江戸線蔵前駅art
"Wishing to Make Art Works Express the wonder of Sense and Life"

"It is hard to tell where we should place Minori yamazaki's words in the path of modern arts.
a0031847_14261611.jpg

He creates spaces which involve us. With his technique of communication though all of the five senses he is attempting to reach for newer horizon in art."

The Search for Free Expression

In my school years, I majored in molding art crafts, and I was in the midst of tradition. Making traditional crafts though dozens of processes, made me wonder if these processes meant anything significant to our daily activities.1 couldn't help feeling there was something more real in the primary materials such as clay, straw, or charcoal, in the ancient wisdom of treating water and fire, in a structure of molding through the complicated and mysterious processes, and in the way of metal melting into the smooth and shining liquid. I was more interested in a sort of animism, in other words, the way materials and space presented themselves to me.

There was a time when I was so overwhelmed with the magical power of the things themselves that I couldn't mold anything at all. It was about then that I became involved in performance art and eventually moved into the modern arts, with the burning of wood by heated iron. But it was not long after that I realized that the concept of expanding space could not be adequately expressed by the phenomena of burning.

In the late 1970s, the Asahi newspaper carried a serial column entitled "Asobi-no-Hakubutsushi (The Play Museum Journal)," written by lwao Sakane. Ginza Matsuzakaya Department Store created an area called "Asobi-no-Hakubutsukan (The Play Museum)," which attracted a record number of visitors.

It seemed to me that this represented a medium between the two accepted extremes of "commercial design", and "art for art's sake," containing the elements of play while welcoming various expressions of art. We were impressed by this interactive open space for the public, which was created using various visual techniques, like optical tricks, illusions or computerized display technology. We couldn't help but feeling new possibilities for better designs and wider boundaries of expression.


From Micra BOX to Micra Space

The start point of my current activities was in a tiny box "CUMOS" which I made while ignoring the required subjects during my freshman year in college. I placed mirrors on the inside panels of a cube box with 10cm sides and let in a small ray of light. The light could not escape from the box, repeating its reflection inside, creating an illusion of an infinite number of nesting boxes. It was a kind of three-dimensional kaleidoscope.

This box allowed only one person at a time to view the image. Interesting it was, it was itself limited. Naturally, I wanted to take out "macro space" from "micro box" and expand macro space to a huge lighting space which would allow people to enter and experience it from the inside. I was fascinated by the light and primary materials of this inner world of CUMOS.

In 1988, I participated in the inauguration ceremony for the Tokyo Branch of the Koyasan temple. I created "Mandala Pavilion", which was inspired by the doctrines of esoteric Buddhism and its mandala charts depicting two worlds, Taizo and Kongo. This led me to design the Taizo dome and the Kongo pyramid. The spherical Taizo dome is filled with soothing light to represent a mother's womb filled Buddha's love. I made the dome with relaxing light and comfortable music and fashioned it to slowly swell and shrink. The inner space was designed so that people could share an image which gave the feeling of expanding from the interior of the womb to the end of the universe. In Kongo, I tried to express the hard ascetic practices and the spiritual awakening of satori.

I buried the monitors under grids in the floor and made the image of satori by repeating reflections on the insides of the pyramid's ceiling, all four of which were covered with mirrors. It was a visualized space of the virtual image through which I tried to make visitors simply feel the cosmology and the complexity of Stinging Buddhism. I have to admit that I was surprised to learn that CUMOS' nesting box shared the ideas of Buddhism, cycle of reincarnation, and the concept that micro existence contains macro universe.

Spaces that Move

I attended the birth of each of my three daughters through the Lamaze technique. I wanted to see the moment when a human being is born into the world and I wanted to express this experience through spatial art.

I created "Conception of Light" for the 100th anniversary of Sendai City in 1989, and I presented "Emanation of Light," the exhibition in Sumida River-side Gallery in 1992.

Through these works I had the opportunity to express the mixture of charm, magical strength, and the wonder of life. Using various electronic techniques, I built spaces and installed the controlling system which gave the illusion of breathing spaces. However, techniques are just techniques. In "Back to the Womb" and "The Memory of the Fetus", my theme was to express the feeling of an entire world which nobody had ever seen. If we could just trace back to our potential and hidden memories, we could then imagine what that space would be like and try to visualize it.

My role is to provide visitors with the opportunity to take note of the wonder of life and to contemplate self-existence and the universal theme of living things. I have always believed that I should continue to create spaces which communicate feelings that will move and touch people, keeping in mind the concepts of design, the arts, and the realities of modern society.

Minori Yamazaki   April 1995

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI

■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■ new CUMOS site CUMOS cubic cosmos scope ]
■ 万華鏡伝導 UAPふくろうの会
 
e-mail= minori.yamazaki※gmail.com (※の部分を@に変えて下さい)
by ardest | 2005-03-21 00:54 | about MinoriYamazaki
あかり三人展「素材からこぼれるあかり」
2002年11月3日(日)〜17日(日)
seta-shop gallery
東京都世田谷区瀬田4−23−11 TEL:03-5491-7561
遠藤充彦氏・田中清隆氏・ヤマザキミノリ氏3人による光の展示会。
光に人の暮らし方が加わるとあかりになります。あかりは、光と影を持ち、人の心を揺さぶります。
日頃、光を創作の素材としている3人が三者三様の素材を手に、その素材からこぼれ落ちるあかりをデザイン。 http://www.seta-shopgallery.jp/


2002年9月 瀬田ショップギャラリーでの「素材からこぼれるあかり展」に出品した記録です。

a0031847_18241720.jpg

a0031847_18251425.jpg
 屋内の照明と背後の透過光で挟まれた絹糸は、微かな光沢を持ち輝きます。絹という伝統的な素材が新開発の飼料による染色法で色づき、ライティングによって息づきます。

 制作は、前橋の群馬県蚕業試験場の協力により、2002年9月に行いました。
素材は同試験場で開発されたレインボー繭とカラーカイコを利用しています。

群馬県蚕業試験所での制作風景


a0031847_18253937.jpg


MINORI YAMAZAKI
URL= http://www.fantacl.com


 
by ardest | 2005-03-04 18:26 | 繭・MAYUTRIX
[作品アーカイブ:空間&ディスプレイデザイン]
毎年東京で開催されている群馬県桐生市のテキスタイルプロモーションショウ。
写真は1994年の原宿クエストホールでの展示。
a0031847_10244062.jpg

ディスプレイデザインを1992~1994までの三年間担当した。単なるディスプレイではなく会場空間全体の有り様の設計を心がけた。
a0031847_10242385.jpg

a0031847_1024589.jpg

クライアント=桐生市織物協同組合
ディレクション=桐生地区地場産業振興センター
総合プロデューサー=坂口昌章
プロデュース=アウラ
空間デザイン=ヤマザキミノリ
会場は、原宿クエストホール

●MINORI YAMAZAKI HP
by ardest | 2004-10-17 10:27 | Space&Display Design

Aplysia Phase 21

a0031847_1548711.jpg
「フェーズ21」ちょうど20世紀から21世紀に写った記念すべき年に制作した作品。フェーズ21は、これからの新世紀を予感させるための象徴としてのオブジェである。 

2000年制作 (株)平和本社ロビーに設置のライトアートオブジェ。
w2200×h700×d400 アルミおよびチタンのフレームボディー、アクリルミラーとハーフミラードームの合わせ鏡、ミラーエッチング、光ファイバーと蛍光灯光源。

a0031847_15475142.jpg


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
●メディア授業用サイトFantacl.com/ MEDIA ART"Flash tutorial,Student works, etc."
by ardest | 2004-08-16 15:51 | FANTACL light art