(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest
先月気がついたのですが、誰かが私をネット上のフリー百科事典であるウイキペディアに書き込んでくれていました。大変名誉なことです。がんばって作家活動に精進しなければ、、、、。
★WIKIPEDIAのヤマザキミノリ紹介記事★ 
何度か編集履歴がありますね。主な作品の近年のことろが変ですね。あまり主でない作品が掲載されています。気になるので、自分で編集した方が良さそうです。早々にWIKIの編集方法を勉強しないといけませんね。

※10月19日に、自分の略歴をアノニマスで少し編集しました。
その後でminorinというアカウントを作りました。


将来的には、英語版や各国版にも掲載される国際的な作家を目指したいものです。
a0031847_162445.jpg

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
             やまざきみのり、山崎みのり、やまざき稔、山﨑ミノリ、

e-mail= minori.yamazaki※gmail.com (※の部分を@に変えて下さい)
# by ardest | 2006-08-22 16:02 | about MinoriYamazaki
[作品アーカイブ cumos立方体型万華鏡シリーズ]
■CUBE IN THE BOX   1975/01/17の制作日付、大学1年の後期制作

箱の中に立体の箱を無限反射で浮かび上がらせる仕組み。
鏡の立方体万華鏡キューモスの内部映像に三次元立体視パターンをエッチングしたタイプ。箱の内部を鏡で縦に半分割して、左右にそれぞれ右目用左目用のパターンを描く。当然、のぞき穴も左右の目用を設けて、内部の反射映像を観察する。

その結果、すべての反射像が立体視可能な映像であることが判り、何かに応用出来るのではないかとの期待感をえた。でもよく見ると、中心の反射像とその奥行きは、正しい立体像で連続しているが、それらの左右の反射像は、逆立体視となり、出っ張りがへこみへこみが出っ張る状態だった。
a0031847_1322551.jpg

下の事例は、立体写真として新たに内部映像を携帯のカメラで撮影し直した物です。
左右平行法で鑑賞してください。右目左目でまっすぐ正面のそれぞれの映像をじっと見つめて頂くと、じわっと中心の立方体が一つの立体となって浮かび上がるはずですが、多少の訓練が必要ですし、人によっては何度やっても立体視が出来ないという場合もありますので悪しからず。
a0031847_13233497.jpg

※学研「大人の科学マガジン」vol.13投影型万華鏡に記載されました。


■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
 
 
# by ardest | 2006-08-18 13:25 | CUMOS立方体万華鏡

鏡箱CUMOS再組み立て

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
a0031847_1032655.jpg CUMOS(キューモス)立方体万華鏡シリーズは、わたしが東京芸大1年の基礎造形の課題で制作した内面鏡貼りの箱、いわゆる鏡箱の一号箱から、すでに32年ほどたちました。

「ユニットを使って空間に増殖する立体構成を作りなさい」という田中芳郎先生出題の基礎造形課題だったのですが、だいたい建築的に箱構造を組み合わせて出来上がる完成形が想像できてしまい面白くありませんでした。そこで、ちょっとへそ曲がりに考えて、箱は一つしかないのに内部に無限増殖する仕掛けとして発案した鏡箱がこのキューモスcumosです。

学部の3〜4年は工芸科の鋳金へ進んだ関係でいったん遠ざかりましたが、大学院でデザイン系の構成デザイン専攻へ進学して、田中芳郎先生と田中央先生に指導を受けつつ、この写真にあるような形に完成させていきました。

1980年の修了年の翌年に銀座松屋で開催された「デザインフォーラム」で「鏡の美繰り箱(びっくり箱)」銅賞を受賞しました。表彰状はデザインコミッティーメンバーで審査員であった福田繁雄先生から受け取りました。

その後、実用新案特許を取得して、80年代後半には、西武百貨店池袋店アトリエヌーボーや銀座松屋の遊びのギャラリーを中心に販売しました。その間およそ6~7年だったと思いますが、わたしは約3000個のcumosを制作し、ほとんど売れてしまい、今は手元に状態のよいものが残っていない現状です。

90年代初めにアクリル原価の高騰と、私の主な制作テーマが大型化したことで、制作そのものを休止していました。

一時、ティップアートフツロという会社の中島社長さんと、量産のころろみをしましたが、肝心の反射像の収斂がうまくいかず、これも断念したままになっています。

そのときの材料の在庫を今になって再び取り出してきて、再組み立てしてみました。
量産型は6cm立方大です。他の小生産タイプには8cm立方と10cm立方、12cm立方とありました。さらに実験試作のものですが、正8面体のタイプや長方体や板状のものなどがあります。アクリルの厚板を全面蒸着した特殊なcumosも作りました。
a0031847_16443687.jpg

これらの画像は、この小さな鏡ののぞき箱cumosの内部を私のau携帯W21CAの200万画素カメラで撮影したものです。のぞき穴も小さく、最初の映像が6cmから始まり、反射像の奥行きが約50~60cm位まで見えるので、レンズ口径の小さな携帯のデジカメが被写界深度もありピントがパンフォーカスなので、ピンホールカメラで撮ったようにピントが合い打って付けです。小型レンズのデメリットがメリットとなっているわけです。
a0031847_16532240.jpg

※学研「大人の科学マガジン」vol.13投影型万華鏡に記載されました。
 照木公子さんの「万華鏡雑記ブログ」に園田先生や万華鏡楽会との出会いの経緯が詳しく記されています。◎万華鏡楽会代表、照木公子さんブログのcumos関連記事へ


■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
 
# by ardest | 2006-08-16 10:00 | CUMOS立方体万華鏡
a0031847_1875581.jpg

"Altair" Hikoboshi (Fantacl light art series)
桐生市市民文化会館に1997年7月に設置したライトアートのパブリックアート。
"Altair" Hikoboshiとは、七夕の彦星のこと。織り姫神社に隣接する文化会館にもう一人の主人公を奉じようと考えたもの。今作品の正面方向約100メートルの位置に織り姫神社がある。中心の円形部分はアクリルミラーとハーフミラーによる無限反射で、立体的に深い奥行きをもつ星空映像となっている。
a0031847_122101.jpg

a0031847_2036289.jpg

↓左目右目用画像を別々に撮影して、立体写真にしてみました。平行法です。
a0031847_1839850.jpg

※このブログ中の関連記事へ
"Altair" Hikoboshi by Minori Yamazaki
「アルタイア-彦星-」
織り姫を慕って現れた彦星である。蛍光管とオプティカルファイバーから発せられた光は、
アクリルミラードームの間で無限反射し、光と闇で空間を作る。
アルミフレームの確かな物質感が虚の空間を支える。
Altair emerged longing to see Vega. Light produced by fluorescent tube and optical fiber infinitely reflects and creates space in the light and the darkness.
Sturdy aluminum flame embraces the space of emptiness.


a0031847_2330393.jpg
[文化会館小ホールホワイエに常設展示]
acrylic mirror dorm, fluorescent light, optical fiber 1997 
アルミニューム、アクリルミラー, 蛍光灯, 光ファイバー 1997
W2.4m X H2.4m X D0.4m

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 
Internet Museum of MINORI YAMAZAKI

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
 
# by ardest | 2006-07-31 12:25 | 桐生文化会館Artwork
■展覧会資料アーカイブ 銀座松屋での個展DMハガキ表紙。

第174回 遊びのギャラリー展「ヤマザキミノリのTHE PEEP MAN SHOW」銀座松屋6F遊びのギャラリー  1989?年4月17日(金)-29日(祝)
「イメージくい虫、ピープマン、ピープ万華鏡。閉じこめられた光とイメージ。プッとふくらむ鏡のシャボン玉。目くらませなユラユラ縞など、ヤマザキミノリの世界へご招待します。」
a0031847_1548119.jpg

※THE PEEP MAN SHOWの表記は、英語圏の人からすると相当変な表記らしい。はずかしいな。
■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
 
# by ardest | 2006-06-18 15:44 | 展示と掲載等資料
Waiting As the Space Eggs of Light Incubate

by Junichi Arai (Textile Planner)


There is a certain pleasure, a certain joy that we experience when we find ourselves face to face with the unknown, the unseen of this world. But when we look back upon what we have seen, the experience may turn horrifying and we feel as if we have been through the abyss of horror.

To know the unknown, to see the unseen. Perhaps it means the timeliness of an art. It is the advance guard of the times who can see what is to come with the desire to know our fears as our real nature who open the eyes of those who cannot see that which is before them. Such is the fate of an artist.

Seeing the work of that magician of light Minori Yamazaki is just such an experience - experiencing the unknown, seeing what has not been seen. It is not simply the passive experience of viewing art. No, that isn't it all. The viewer creates the same experience just as the artist does when encountered with Yamazaki's work. l wonder if Yamazaki himself is aware of all that his work imparts to the viewer? I doubt it. Yet it is he, the artist, who understands the interplay between light and his work better than any dazzled viewer of the unknown.

Yamazaki knows that he cannot keep up with what he creates. It becomes too much for even him. Therefore, he speaks lightly of that his own creations live alongside him in the times as the inevitable fruit of his labor.

He often talks of how he wants his viewers to enjoy his work. He speaks calmly as if talking about someone else's creation. The world that Yamazaki creates with his works is as infinitely varied as the physical function of the viewer allows it to be. Of course, this is true for all works of art.

It's all a question of degrees of sensitivity and the ability of the soul to grasp what is presented. It is a process that leads to freedom of sensitivity.

At any rate, that's how Yamazaki describes it. But I'm not so easily convinced.

What we have here is no simple mechanical gadget in a cheap circus tent. The act of viewing brings about the birth of sensitivity in the eyes of the viewer who is then captured by that sensitivity. That's what it's all about.

The process of knowing the unknown and seeing the unseen is the same for the artist and the viewer alike. They are both captivated by what they experience.

It is no rare phenomenon for a work of art to end up different from the initial image that led the artist to create it. But it is rare that an artist sees his own work and recoils in utter shock and horror when he grasps what he has done.

One should not be surprised if in viewing Yamazaki's work he dis-covers something that the artist himself has not seen. Perhaps this is what Yamazaki means when he talks of the timeliness of what he creates.

It is not simply a matter of an artist bringing forth a creation from nothing.

It is the age in which he works that is the creator and he, the artist, is there to help in the process of creation partly by putting himself in a viewer's place.

Of course without Yamazaki his works could not be. It would be better to say that the works are the result of a collaboration between Yamazaki and his age.

What allows Yamazaki to so unpretensiously create his network of light is precisely the fact that in the process he finds himself to some extent an observer watching as his age creates. This frees him from any possibility of artistic arrogance.

These are not such weak apparitions as the fleeting sparks given off by fireworks against a night sky or electric illumination which are turned on and oft with a switch.

In the midst of Yamazaki's "Cumos" we find the existence of dotted light that has been locked in tight.

The more he tries to extract that light out of the case that contains it, the more it leads him into the world of the internal experience.

I wonder what will arises from the Space Eggs of Light. Perhaps we will witness the moment when we are liberated from our fear and expectation.

The insolent images that we can draw from Yamazaki's rough sketches have yet to be accepted by his viewers.

There's nothing to do but wait with keen interest.

-september 1989

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会

More information...
# by ardest | 2006-05-05 20:52 | comments
■2001年 宮沢賢治童話村「星の教室」ライトアートオブジェ設置

サイトへのアップを先送りしていたら、現地に行かれた方々がブログなどに訪問記をかかれていました。
■花巻市のサイトより賢治の教室ログハウス配置写真↓
a0031847_11592543.jpg

●パパ大好きGoliサンのページ
http://www.geocities.jp/golihome/rk/rkfrm_kengai.html
a0031847_1159443.jpg

●花泥棒 2005/10/26
http://hanadoro.exblog.jp/2957781/

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
 

More”賢治の教室”
# by ardest | 2006-04-29 11:49 | FANTACL light art
■都営地下鉄12号線 大江戸線「蔵前駅」          [作品アーカイブ]
ゆとりの空間アートワーク・デザインコンセプト
2000年2月-アートディレクターヤマザキミノリ・ガラス造形作家の趙慶姫氏
a0031847_15251100.jpg

-蔵前、蔵屋敷の「輝き」「きらめき」を表出したい。

[キーワード]
「蔵前」「蔵屋敷」「祭り」「花火」「隅田川」「流れ」「雨」「四季」「風土」「風景」「伝統」「産業」「文化」「未来」「かがやき」
-時空間を越えた多面的で多様な表情を表現していきたい。
a0031847_153338.jpg

・蔵前駅内装デザインのメインモチーフである蔵型のリズムを基調にしています。その蔵型をフレーム(額装)となぞらえて、その中に様々な表情を描きます。
・蔵前の四季や気候などの「風土性」、祭りや伝統などの「文化性」、都会の風景や産業などの「未来性」がおもなモチーフです。

・素材は板ガラス
デザインは、ガラス造形作家の趙慶姫氏
趙慶姫氏は板ガラスを主に使用したディスプレイやオブジェ、パブリックアートの若手ホープです。氏のデザインによりシャープで都会的な構図やラインの緊張感、ガラスの透明性やきらめきの醸し出す未来感などを表出できるものと確信しています。また洗練された直線基調の造形は、広重の版画と通じる何か日本的伝統美も内包しています。

全体として蔵屋敷のノスタルジックでありながら機能的な伝統美の中に、蔵前の過去と現在、伝統と未来、多様性や革新性を表現していくのが狙いです。
蔵前が内包してきた歴史や伝統文化、そこから未来に発信していく産業や生活文化の夢や理想を表現できるものと確信しています。
a0031847_1531599.jpg

関連サイト:
JDN 大江戸線 蔵前駅
「大江戸線パブリックアート」趙慶姫氏によるコメント

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
# by ardest | 2006-03-31 01:49 | 大江戸線蔵前駅art
作家のメインサイトFANTACL.COMへ作品ダイジェストのスライドショウがFlashで紹介されるカテゴリーを追加しました。  Minori's Artwork Digest
a0031847_10564571.jpg

また、インターネット美術館のコンテンツも追加更新しました。
a0031847_105847100.jpg


 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
# by ardest | 2006-03-24 10:59 | Website, ICT, Blog

CG art series

[作品アーカイブ CG]
個展「orijin 生きること感じることの不可思議」展用メイングラフィック 1995
a0031847_20112684.jpg

美ヶ原高原美術館"光の美術館"で4月より9月まで展示。アプリケーションはBryce。

Artist Site= MINORI YAMAZAKI's Internet Museum
ヤマザキミノリ . 山崎稔のインターネット美術館
# by ardest | 2006-03-09 20:11 | CG, Media Art