(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

これは、立方体万華鏡cumosの中身を撮影するための手製ピンホールカメラです。大学院の修了制作で作成したものです。左から立方体の一面の中央から撮影するタイプ、真ん中は一辺の中央から、そして右は角の一つから対角の角方向を覗くピンホールカメラです。左のもののみ一面のパターンミラーが仮止めされています。残りの2点も二枚と三枚のパターンミラーをテープで仮止めして使います。これらの本体にフィルムバックを取り付けて1分ほどの露出で、鏡の箱の無限反射を撮影します。
 ★内部映像事例へ-1   ★内部映像事例へ-2
ピンホール部は、田中央式フィルムピンホールカメラです。なんと穴直径0.18ミリのものを使っていました。これ以上小さい穴は、光の波長と緩衝して、結果的に写りがよくありません。経験値からこのくらいが限界だったように記憶しています。
●cumosと田中式ピンホールの記述のある記事へ
a0031847_1744984.jpg

特注で表面鏡のアクリルミラーを制作して、組み立てています。。鏡自体は26年くらい経ているので、さすがに劣化が進んでいます。中央に小さく見える部分がフィルム式ピンホールです。
a0031847_17502844.jpg

↓この開口部分に6×7のフィルムバックを両面テープで接着します。
a0031847_18544038.jpg

●学研「大人の科学マガジン」vol.13投影型万華鏡にcumosが記載されました。学研「大人の科学.net」へ
■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
 
by ardest | 2006-10-26 17:51 | CUMOS立方体万華鏡
大人の科学.net
「大人の科学マガジンvol.13」大特集 博士の愛した万華鏡 
ふろくは「投影式万華鏡」    (学研の編集部に転載許可を頂いています)
a0031847_16241070.jpg

49ページにcumosの紹介記事が掲載されました。46ページからの3ページは、「親子で作ろう 博士の立体万華鏡教室」という特集記事です。これは、九州大学工学部の園田教授の不思議アートのぞき箱と題する立方体万華鏡制作ワークショップを取り上げたものです。cumosの存在がそもそもの源でした。

 照木公子さんの万華鏡雑記帳ブログに詳しい記事があります。

三次元の空間的奥行きが特徴の立方体型のぞき箱キューモスですが、2007年7月13日のテレビ東京の「天才たけしの誰でもピカソ」で横浜国立大学の根上生也教授(数学者)は、四次元を可視化したものとして学生が作ったキューモスとそっくりの内面鏡の立方体を示していました。他にも、数学者が立方体型万華鏡をXYZ軸にもう一つ斜めの軸がある四次元の箱と説明したとを聞いています。キューモスとこのことの関連についてはさらに調べてみようと考えています。

※80年代の販売店は六本木アクシスリビングモチーフ、西武アトリエヌーボーフレンドシップや銀座松屋遊びのギャラリー等、現在は銀座6丁目のギャルリービバンで販売中]

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope

■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
 
by ardest | 2006-10-12 16:26 | CUMOS立方体万華鏡