(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

<   2004年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

■思いの一滴 第二回 「景観創造ということ」     2002年1月3日

 昨年12月、桐生市景観審議会が開催され委員を委嘱されたので、近年訪ねた町の景観について少しまとめてみることにした。四国愛媛の「内子町」は江戸末期から明治に木蝋生産で栄えた民家や商家が保存や修景され、白壁、連格子のある町並みが700メートルも続く風景は圧巻で近年「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている。「卯之町」は幕末、シーボルトゆかりの二宮敬作、高野長英やオランダおイネが住んだ町。漆喰の防火壁「うだつ」を上げた商家や民家、西日本初の学校「開明学校」などがきれいに保存修景され、先哲が闊歩した時代を彷彿とさせる。二つともとてもこぢんまりしているが、歴史がそこに凝縮し町全体が歴史博物館といっても過言ではない。

 昨年は岐阜の「白川郷」、「飛騨高山」、長野の「小布施町」を見てきた。「白川郷」の荻町地区合掌づくり民家群や「高山」の陣屋から上三之町を通り職人町の景観はあまりに有名。どれも町が十分にもっている歴史遺産の伝承と修景による景観づくりという創造がうまくかみ合っている。
 そんな中で「小布施」は葛飾北斎や一茶の句で有名だが、昭和四十年代まで、これといった特徴のないリンゴと栗菓子産業だけの、いわゆるなにもない町だったそうだ。人口12000人の小さな町が観光地として注目を集めだしたのは、ここ四半世紀の官民一体となった景観づくりが実を結んだからに他ならない。町財政の余剰金5億円を利用して新築された「北斎館」を皮切りに、本格的な動きとしてはわずか20年前から建築家宮本忠長氏をアドバイザーに官民の地権者同士で話し合うこと二年、続く工事三年で「群居の思想」といわれるフレキシブルな発想の街づくりの核を完成させ、そこから徐々に町全体に景観づくりへの参加意識が拡がってきたそうだ。

 栗菓子舗「小布施堂」界隈を中心に移築、改築、新築を玉突き的におこなった町並み修景事業が見事なまとまりを見せ、年間百万人の観光客を吸引する。
「高井鴻山記念館」「小布施堂本店」「蔵部」「栗の小道」いくつかの素敵なレストランなど見所多く近年、小布施は町づくりの成功例として大分の「湯布院」、島根の「津和野」と並び評価されている。これらのコンテンツがわずか100×160メートル内に凝縮し、費用も10億円ほどでおこなわれたと聞くと、効率的な修景事業の費用対効果のほどに感心せずにはいられない。

 小布施では「外はみんなのもの、内は自分のもの」というキャッチフレーズであくまでも民間主体の創意工夫によるノスタルジックでチャーミングな景観づくりで、「暮らしやすく面白い町」を創っていくことに努めているという。猥雑な広告看板やネオンを排し、電柱を地中化する事はもちろんだが、まず先に行政も含んだ個々の住人の「景観」という財産に対する意識変革こそ重要である。桐生の町並み再生や修景事業にとってこれほど参考になる事例はないのではないだろうか。     
アーティスト
 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
by ardest | 2004-08-12 22:44 | comments
■ 思いの一滴 第一回「空間をメディアとして語らせる」2001年12月1日                    
 それにしてもなぜあんなに人々が押し寄せるのだろうか? どうしてあんなにカップルが多いのだろう? こんなに不況なのに・・・同時多発テロだというのに・・・。
ここは、クイーンズスクエア横浜という複合施設の中央モールでの眺めである。桜木町駅から横浜港にかけ近年再開発され、いかにもモニュメンタルなランドマークタワーの足下に、ランドマークプラザとクイーンズスクエアーという日本でも有数のショッピングモールが軒を連ね、先端ファッションの覇権を争っている。

a0031847_226564.jpg


 今年、私はクイーンズスクエアー横浜の真ん中にある巨大なアトリウムでクリスマスシーズン向けの空間装飾を担当した。ここのアトリウムは、明るく開放的で、きわめて居心地がよい。幅50m、奥行き30m、高さは地下4階の最深部から天井まで50mという規模で、国内でも最大規模である。いくつかの大胆なアートワークと真っ赤なエスカレーターや深緑のシースルーエレベーターなどが白を基調にしたアトリウムに小気味よいコントラストをもたらしている。空間そのものがすでにアートとして成立していて、おそらく世界で最もファッショナブルでモダンなスペースの一つであるといえるだろう。

 私の取り組みは、ほぼ完成されたこの空間をさらに演出し、クリスマスの宗教的な崇高性と、年間最も人出と売り上げが多いこの時期の商業的な高揚感を醸し出す機能が、両立した空間に変容させるということである。空間をコミュニケーションメディアとしてデザインし直し語らせる、というのが私のプロとしての仕事なのである。今回は幅2.2mの難燃ポリエステルの布地を赤白に染め上げ、総延長700mを天井トラスからつり下げ構成した大型リボンのような曲線を生かした造形で、アトリウムの広さとボリュームをさらに強調した。その空間本来の豊かな量感と崇高感を観客に感じてもらい少しでもリッチな気分を味わってもらえれば成功である。

a0031847_2274193.jpg


 そもそもキリストの降誕祭であるクリスマスが日本に定着したのは、土着の冬至祭の時期と重なり、違和感が少なかったという事と、もう一つ、宗教の戒律や教義よりも、スタイルやファッション、お祭りを好む柔軟な姿勢が作用しているようだ。原理主義とは全く逆で、いいとこ取りで現世利益の追求が最も多くの人々を幸せにする結果につながるということの理解である。

 一見、無責任で無節操のようであるが、実はこの柔軟性と多くの価値を取り入れる、なによりさまざまな事に興味を示し面白がるという感性こそが、世界でもまれな幸せな国「日本」を形成する基盤となっているように思えてならない今日この頃である。                 

ヤマザキミノリ


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
by ardest | 2004-08-12 22:42 | comments