(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

カテゴリ:桐生文化会館Artwork( 9 )

a0031847_1875581.jpg

"Altair" Hikoboshi (Fantacl light art series)
桐生市市民文化会館に1997年7月に設置したライトアートのパブリックアート。
"Altair" Hikoboshiとは、七夕の彦星のこと。織り姫神社に隣接する文化会館にもう一人の主人公を奉じようと考えたもの。今作品の正面方向約100メートルの位置に織り姫神社がある。中心の円形部分はアクリルミラーとハーフミラーによる無限反射で、立体的に深い奥行きをもつ星空映像となっている。
a0031847_122101.jpg

a0031847_2036289.jpg

↓左目右目用画像を別々に撮影して、立体写真にしてみました。平行法です。
a0031847_1839850.jpg

※このブログ中の関連記事へ
"Altair" Hikoboshi by Minori Yamazaki
「アルタイア-彦星-」
織り姫を慕って現れた彦星である。蛍光管とオプティカルファイバーから発せられた光は、
アクリルミラードームの間で無限反射し、光と闇で空間を作る。
アルミフレームの確かな物質感が虚の空間を支える。
Altair emerged longing to see Vega. Light produced by fluorescent tube and optical fiber infinitely reflects and creates space in the light and the darkness.
Sturdy aluminum flame embraces the space of emptiness.


a0031847_2330393.jpg
[文化会館小ホールホワイエに常設展示]
acrylic mirror dorm, fluorescent light, optical fiber 1997 
アルミニューム、アクリルミラー, 蛍光灯, 光ファイバー 1997
W2.4m X H2.4m X D0.4m

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 
Internet Museum of MINORI YAMAZAKI

■ new CUMOS site CUMOS.JP cubic cosmos scope
■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■万華鏡伝導UAPふくろうの会
 
by ardest | 2006-07-31 12:25 | 桐生文化会館Artwork
a0031847_161544.jpg
Kiryu performing art center artwork 1997
[桐生市市民文化会館 アートワークコーディネート]
「未来からの要請」をテーマに、内外の10作家13作品のアートワークを選定。

97年に総工費150億円をかけ立て替えられた市民文化会館(旧産業文化会館)の各所に10作家13点のアートワークが設置された。ヤマザキはこれら作家のキュレーションを担当し、作品制作についてコーディネートした。本人も小ホールホワイエに「アルタイア-彦星-」Aplysia Hikoboshiというライトアートを制作した。
クライアント:桐生市建設課  プロデュース:ART BOX
--------------------------------------------------------------------------
■Concept [未来からの要請]

 そこに在り、ここに掛かる作品群から、我々はなにを感じ、読みとり、考えることができるのだろうか。桐生市市民文化会館のアートワークは、全ての作家が来桐して建築の現場に立ち、イメージし、デッサンをおこし、建築設計の思惑をも越え、新しい環境として対峙する、それぞれのオリジンの発見であった。

繭型の大屋根をいただく、極めて特異な建築に、おもねり寄り掛かることを避け、普遍的な構成美や、フレキシブルな感性の具現をテーマに、独立した存在として、負けることなく拮抗することをアートワークの意義とした今回のプロジェクトは、いくつかの画期的な作品を生みだした。特筆すべきは、アトリウムに掛かる「STEELWEAVE 1」で、ステンレススティール糸とマクロゴーズ手法との出会いである。世界的テキスタイルプランナー新井淳一氏のインスピレーションをきっかけに生み出された画期的新素材と、老練なイギリスの哲人織師ピーター・コリンウッド氏の独自開発の織り技法とが、このプロジェクトで見事に融合した。

「STEELWEAVE 1」は、およそ後生、歴史的な出来事として認識されるに至るはずであり、まさにここ桐生でしか成し得ない、文字どおりの「桐生発世界初」だ。それは、伝統の基盤にたちつつ、遠い未来からの要請に応えるといった、極めて積極的な創造の仕事であった。このようなクリエイティヴィティーあふれるチャンスに関われたことに感謝している。ぜひ、一つ一つの作品に向かい合い、作品からのメッセージを感じとってほしい。

        桐生市民文化会館 アートワークコーディネーター ヤマザキミノリ 1997年5月

 
■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
by ardest | 2004-07-09 14:14 | 桐生文化会館Artwork

■STEELWAVE 1[Macrogauze 3D]

a0031847_141155.jpg
ピーター・コリンウッド  Peter Collingwood

最新技術が生んだ新素材ステンレススティールファイバーを、
作者独自の技法であるマクロゴーズにより織り上げた画期的なテキスタイルアート作品。
微妙な色調の変化と直線による構成がストイックな美しさを表現している。
ステンレススティールファイバー 1997
幅7.5m×高さ5.0m×奥行き0.6m[アトリウム壁面]

Steelweave [Macrogauze 3D]  by Peter Collingwood
stainless steel fiber, 1997
Stainless steel fiber, developed by the newest technology, was used to create thisrevolutionary art piece. It was woven employing his original weaving technique called
"Macrogauze". It possesses stoic beauty generated by slight variations of colors andlines.

W7.5M X H5.0M X DO.6M [atrium wall]
Mr. Peter Collingwood and his wife Mrs. Elizabeth in Kiryu Performing Center.

[プロフィール]
1922年  ロンドン・イギリス生まれ。
1938-46年 医学部に学ぶ。
       その後いくつかの工房で織りを学ぶ。
1952年  ロンドンにワークショップを開く。
1969年  ロンドンのビクトリア・アルバート・ミュージアムにて
       工芸家として初めての個展を開く。
1974年  OBE受賞
       依頼を受けて、ヨーロッパ・アメリカの多くの公共建築に
       大型の敷物や、壁掛けを納める。

※ピーター氏自身のコメントが日経新聞文化欄に掲載された。内容はこの下の[coments]に掲示。
by ardest | 2004-07-09 14:13 | 桐生文化会館Artwork

Concept Message from the Future

a0031847_161719.jpg
Kiryu performing art center artwork 1997

Concept Message from the Future

What are we going to feel, grasp, and imagine from all works of art placed, hanged and set up here in Kiryu Performing Arts Center. In the making of their pieces, every artist visited the sight and started with picturing, conceptualizing and simply drawing a sketch. It went beyond expectations of the architectural design. For each artist, it was a discovering process of the origin that would confront new environment.

All works of art hold significant theme of universal beauty and embodiment of flexible mind; as a result, they display equivalent strength to extremely unique architecture of the center. By not relying and falling into line with the originality of the architecture, this project had produced some epochal pieces.
Among those pieces a work of art that deserves a special mention is "Steelweave I" in the atrium.

It is a result of fateful encounter of stainless steel yarn and macrogauze technique. This project superbly united a new material inspired by the idea of worldly known textile planner Junichi Arai and the original weaving technique of stunningly skilled, wise and witty Peter Collingwood, the weaver. His work "Steelweave I" should be recognized as a historical event and will be acknowledged by coming generations. Something that is happening only here in Kiryu, truly the "world's first at Kiryu".
It was a creation as well as an answer to a call of the future at the base of tradition.

I can not give enough thanks for this opportunity filled with creativity and excitement. I would really like for people to face each piece and understand the messages sent out from them.
with great appreciation,                 May 1997

Kiryu Performing Arts Center Art Work Coordinator   Minori Yamazaki

●左手前は鴻池朋子"Windy"
ウレタンフォームをウールの布でくるみ、キャラクター性を持った親しみのある作品に仕上げている。テーマは風。自由な造形感覚が伸びやかに表現されている。
(w3mxh2.7mxd1m)
●奥の壁面作品はPeter Collingwoodの"Steelweave 1 [Macrogauze 3D]"
最新技法が生んだ新素材ステンレススティールファイバー糸を、作者独自の技法であるマクロゴーズにより織り上げた画期的なテキスタイルアート作品。微妙な色調の変化と直線による構成がストイックな美しさを表現している。
(w7.5mxh5mxd0.6m)

●右の彫刻は「繭のらせん」 木戸 修 作
ステンレススティール 1997
高度な数学的計算に基づき、ステンレススティールを用いてつくられた現代彫刻作品。
複雑に交錯する螺旋は、始まりも終わりもない無限円環を形成している。
幅1.2m×高さ2.15m×奥行き0.9m[アトリウムエントランス正面]

 Minori Yamazaki's Internet Museum  ヤマザキミノリのインターネット美術館 Internet Museum of MINORI YAMAZAKI
by ardest | 2004-07-09 14:13 | 桐生文化会館Artwork

"Altair" Hikoboshi

a0031847_141135.jpg
"Altair" Hikoboshi by Minori Yamazaki
「アルタイア-彦星-」
織り姫を慕って現れた彦星である。蛍光管とオプティカルファイバーから発せられた光は、
アクリルミラードームの間で無限反射し、光と闇で空間を作る。
アルミフレームの確かな物質感が虚の空間を支える。
Altair emerged longing to see Vega. Light produced by fluorescent tube and optical fiber infinitely reflects and creates space in the light and the darkness.
Sturdy aluminum flame embraces the space of emptiness.

[文化会館小ホールホワイエに常設展示]
acrylic mirror dorm, fluorescent light, optical fiber 1997 
アルミニューム、アクリルミラー, 蛍光灯, 光ファイバー 1997
W2.4m X H2.4m X D0.4m


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
by ardest | 2004-07-09 14:12 | 桐生文化会館Artwork

"Altair" Hikoboshi

a0031847_14949.jpg
"Altair" Hikoboshi by Minori Yamazaki
「アルタイア-彦星-」
織り姫を慕って現れた彦星である。蛍光管とオプティカルファイバーから発せられた光は、
アクリルミラードームの間で無限反射し、光と闇で空間を作る。
アルミフレームの確かな物質感が虚の空間を支える。
Altair emerged longing to see Vega. Light produced by fluorescent tube and optical fiber
infinitely reflects and creates space in the light and the darkness.
Sturdy aluminum flame embraces the space of emptiness.

[桐生市市民文化会館小ホールホワイエに常設展示]
acrylic mirror dorm, fluorescent light, optical fiber 1997 
アルミニューム、アクリルミラー, 蛍光灯, 光ファイバー 1997
W2.4m X H2.4m X D0.4m


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
by ardest | 2004-07-09 14:11 | 桐生文化会館Artwork

artwork

桐生市文化会館のアートワーク完成を記念して開催したアートワーク報告展です。
a0031847_14858.jpg
artwork
プラスティック段ボールで経済的なディスプレイを工夫しました。
場所は、文化会館地下展示室です。


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
by ardest | 2004-07-09 14:10 | 桐生文化会館Artwork

artwork

a0031847_14814.jpg
artwork
by ardest | 2004-07-09 14:09 | 桐生文化会館Artwork

artwork

by ardest | 2004-07-09 14:09 | 桐生文化会館Artwork