(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

カテゴリ:繭・MAYUTRIX( 4 )

a0031847_2236244.jpg

a0031847_22363485.jpg

 JAM session 2005 女子美教員作品展にMAYUTORIXを出品しています。
16日は午後に会場でギャラリートークを担当しました。プロジェクターを使って、制作過程の説明を行い、この作品を制作するまでに至る、他の作品系譜を話しました。


MINORI YAMAZAKI
URL= http://www.fantacl.com
by ardest | 2005-06-22 22:39 | 繭・MAYUTRIX
あかり三人展「素材からこぼれるあかり」
2002年11月3日(日)〜17日(日)
seta-shop gallery
東京都世田谷区瀬田4−23−11 TEL:03-5491-7561
遠藤充彦氏・田中清隆氏・ヤマザキミノリ氏3人による光の展示会。
光に人の暮らし方が加わるとあかりになります。あかりは、光と影を持ち、人の心を揺さぶります。
日頃、光を創作の素材としている3人が三者三様の素材を手に、その素材からこぼれ落ちるあかりをデザイン。 http://www.seta-shopgallery.jp/


2002年9月 瀬田ショップギャラリーでの「素材からこぼれるあかり展」に出品した記録です。

a0031847_18241720.jpg

a0031847_18251425.jpg
 屋内の照明と背後の透過光で挟まれた絹糸は、微かな光沢を持ち輝きます。絹という伝統的な素材が新開発の飼料による染色法で色づき、ライティングによって息づきます。

 制作は、前橋の群馬県蚕業試験場の協力により、2002年9月に行いました。
素材は同試験場で開発されたレインボー繭とカラーカイコを利用しています。

群馬県蚕業試験所での制作風景


a0031847_18253937.jpg


MINORI YAMAZAKI
URL= http://www.fantacl.com


 
by ardest | 2005-03-04 18:26 | 繭・MAYUTRIX
2002年夏 群馬県蚕業試験場にて制作  [作品アーカイブ資料]
a0031847_17541474.jpg

 餌に混ぜられた染料により体が染まったカイコたちが水平に置かれた板の上で、繭が作れずに絹糸を吐き出してしまうパフォーマンスの軌跡です。

 あらかじめ繭になっているカラー繭を配置し、その上にさらにカラーカイコを這わせ、繭を閉じこめた平面繭を形成しています。90cm平方の作品で約500匹のカイコを使っています。つまり500匹のカイコによるコラボレーションワークともいえます。
a0031847_181383.jpg


 制作は、前橋の群馬県蚕業試験場の協力により、2002年9月に行いました。
素材は同試験場で開発されたレインボー繭とカラーカイコを利用しています。
a0031847_1815048.jpg


                  協力:群馬県蚕業試験場 育蚕飼料課 岸弘子独立研究員


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
by ardest | 2005-03-04 18:03 | 繭・MAYUTRIX
a0031847_23532632.jpg

「素材からこぼれるあかり展」2002年9月 瀬田ショップギャラリーでの三人展。



 ヤマザキミノリは「MayuTRIX」という新開発のタペストリー
ライトを出品。群馬県蚕業試験場開発のカラー繭を利用。

「MayuTRIX展・カラー平面繭によるタペストリーライト」
ー光をすかし光を受けて輝く絹のタペストリー型ライトオブジェー

 餌に混ぜられた染料により体が染まったカイコたちが水平に置か
れた板の上で、繭が作れずに絹糸を吐き出してしまうパフォーマン
スの軌跡です。 あらかじめ繭になっているカラー繭を配置し、その
上にさらにカラーカイコを這わせ、繭を閉じこめた平面繭を形成し
ています。

カイコを這わせる板に半透明の素材を使用し、光が透けるようにし
ています。背後にはイルミネーション球を無数に付けた光源を用意
して、平面繭を透過光で浮かび上がらせます。屋内の照明と背後の
透過光で挟まれた絹糸はかすかな光沢を持ち輝きます。絹という伝
統的な素材が新開発の飼料による染色法で色づき、ライティングに
よって息づきます。

制作は、前橋の群馬県蚕業試験場の協力により、今年9月に行いま
した。素材は同試験場で開発されたレインボー繭とカラーカイコを
利用しています。


協力:群馬県蚕業試験場 育蚕飼料課 岸弘子独立研究員

a0031847_23541977.jpg


■作品サイト 1 ヤマザキミノリのインターネット美術館-1 空間デザイン、環境造形、展示設計"Christmas Decoration, Display Design, Public Art, Installation, Art works"
■作品サイト 2 ヤマザキミノリのインターネット美術館-2 ライトアート、立方体万華鏡、オブジェ、インスタレーション"cumos, Light art, CG, Installation"
by ardest | 2004-08-16 23:56 | 繭・MAYUTRIX