(c) 2016 Minori Yamazaki -Japanese Artist-


by ardest

cumos2 VOYAGE

a0031847_195358.jpg
cumos VOYAGE
今はありませんが、旺文社からオムニという科学雑誌が出ていました。そこでオムニアートコンテストという公募がありました。この作品は確か3年目のアートコンテスト優秀賞を受賞しました。

映像は10cm立方の鏡の箱内を0.1mmの特殊なフィルムピンホールカメラで撮影したものです。立方体の万華鏡であるミラーボックス内の手前からずと奥までピントを合わせて撮影することは至難の業なのです。ピンホールカメラのパンフォーカス性を生かした仕組みでミラーボックスの無限反射映像を定着し箱から取り出すことができるようになりました。

[ ■ CUMOSについて:立方体万華鏡 CUMOS は、いわゆる三角柱型の普通の万華鏡とは違い、無限宇宙イメージが三次元空間に拡がるタイプです。1975年にヤマザキミノリが発明したオリジナルで1985年に実用新案を取得し80年代に約3000個を販売してきました。1980年6月29日付け朝日新聞「新・遊びの博物誌」に21番記事「サイコロ型万華鏡」として掲載されました。
従来の万華鏡はイギリスの物理学者デイビッド・ブリュースターが19世紀初頭に発明しました。以来200年間、筒型が基本で普及した万華鏡の世界に、新しくヤマザキの立方体型(サイコロ型)三次元イメージの万華鏡が加わったのです。サイコロ型万華鏡、箱形万華鏡、三次元万華鏡、3Dミラーボックス、鏡箱、不思議なのぞき箱などの名で呼ばれています。2007年よりUAPfふくろうの会が主催する不思議アートののぞき箱ワークショップの趣旨に賛同してコラボレーションを開始しています。
※80年代の販売店は六本木アクシスリビングモチーフ、西武アトリエヌーボーフレンドシップや銀座松屋遊びのギャラリー等、現在は銀座6丁目のギャルリービバンで販売中]

■ cubic 3D kaleidscope = mirror box 鏡箱 サイコロ型万華鏡 CUMOS
■ new CUMOS site CUMOS cubic cosmos scope ]
■ 万華鏡伝導 UAPふくろうの会
 
■ Internet Museum of Minori Yamazaki ヤマザキミノリのインターネット美術館
by ardest | 2004-06-28 19:55 | CUMOS立方体万華鏡